乙女時代の進化形…!?

 今年も参加しました、母校のホームカミングデー♪ いつものように、パイプオルガンの荘厳なホールがお出迎え。


 なんと、同級生だった声楽のBさんがいらして近況や音大生だった頃の話がはずみました。学生時代の声楽の成績は超優秀、専攻科に残ったBさんです。今は母校の高校音楽科でソルフェージュを教えているとか。母校で教べんをとるなんてやっぱり優秀!今まで卒業したら上は専攻科しかなかったけれど、平成30年に大学院が新設されるそうです→♪♪♪


 学生のカルテットで、弦楽四重奏曲 第2番イ単調 Op13より第1楽章 (F.メンデルスゾーン:)の演奏がありました。


IMG_20170702_101503.jpg 

 私たちの学生時代は、都心のど真ん中、本町学舎でした。緑いっぱいのキャンパスで学びたかったなあ~。別棟の大教室へ移動して講義を受けました。学生時代よく遊んだから、今はそのリベンジ。どこへ行っても一言も聞きもらさず勉学に励みます。


IMG_20170702_101854.jpg

 
 最近、教室の後ろから写真を取るこのパターンが多い。それだけ、勉強してるってことだけど。作曲の先生がブラームスの楽曲の解釈をされました。


 続いて、ジャン!井岡潤子先生が「合唱・声楽」を指導されました。メッチャクチャ パワフルで愉快。合唱「落葉松」(夏に秋の歌ですが)の途中で、以外にも、「もう皆さま、お声は充分バイブレーションされましたから…」という表現を使われました。声が豊かに鳴り出すというくらいの表現でしょうか。合唱にビブラートは厳禁と固く思い込んでたので、目からウロコがポロリ。さすが声楽家です。


image_201707030921128ee.jpg 

 ランチもいただきました。同窓会、太っ腹~!帰り際、泉貴子 准教授に、私の声楽研究の話を聞いて頂きました。一途でまっすぐなまなざしと、傾聴する謙虚なご姿勢に、「実るほどこうべをたれる稲穂かな」が思われて。東京芸大で博士号をとり、学術情報リポジトリには論文がのっています→♪♪♪ それでいてバリバリの二期会のオペラ歌手、ステージで大活躍です!


 普通、歌えるけれど、研究論文は書けない人の方が圧倒的に多い。要するに、声楽家は(自分も含めてですが)頭がパッパラパ~なのです。しかし、これだけ詳細に研究を論文に書き起こし、大きな舞台もこなすソプラノ歌手は初めて見ました。母校に本当に尊敬できる良い先生が来たと思います。


mv_lg[1]

 

シンポジウムは大盛況♪

 先日来 案内していた「大阪教育大学大学院健康科学専攻」のシンポジウムが大入り満員!盛況のうちに幕を閉じました。これを推進された教授陣、パネルデスカッションの修了生、世話役の方々に感謝申し上げます。


IMG_20170625_182341.jpg


 様々な職種の修了生が集い、内外の学部の学生や興味を持つ方々が参加しました。


 仕事を終えて大学院に駆けつけ、夜遅くまで研究し学び吸収した修了生には、特別の感慨があります。論文を書いて、自分の核を確立した人たちの静かな熱気が、会場に渦巻いているようでした。出席者の背後に広がるバックグラウンドが、出席者の数だけある。ここは、社会人大学院の草分けであり、老舗なのです。


IMG_20170625_182359.jpg


当日のリポートが同窓会HPに載っています。

先ずは先輩→健康科学専攻同窓会

そして、わたし→自主ゼミ


 社会人大学院に興味抱かれましたら、勇気を持って飛びこまれると良いと思います。泣くくらいしんどかったけれど(実際、何回か泣きました)、修了した後の世界が違って見えてきます。


 さあ!次は、大阪健康福祉短期大学の、ハルカス・キャンパスフロアにおける講座です。チラシ現物は、ハルカス23F「キャンパス交流フロア」や「近鉄サロンロビー」に置いています。関心おありの方は、手にとってご覧下さいね。


IMG_20170615_081931.jpg


 講座では、オープニングを歌で飾らせて頂く予定です。「Stand alone(坂の上の雲)」の志をもって歌おうと思います。折しも、司馬遼太郎の「坂の上の雲」の直筆原稿が発見されました。主人公の秋山好古は、大教大の前身である師範学校の出身でした。


Stand  alone♪

ちいさな光が 歩んだ道を照らす

希望のつぼみが  遠くを見つめていた

迷い悩むほど 人は強さを掴むから 夢をみる

凛として旅立つ  一朶の雲を目指し


Beauty and the Beast

 写真の手前は黄色のドレスです。衣装スペースから引っ張り出してきました。うーん、入るかどうかが問題だ…。だけど、背中のファスナーもちゃんと上がった!ハルカス開業時には、黄色がマブシイこのドレスで歌いました。


  _20170513_105727.jpg    t02200322_0525076812882501452[1]  

 むか~し昔、レッスン室に広げたステージ衣装を見た息子たちは、「エイリアンの脱け殻や」と言いました。モコモコのパニエでふくらんだ異様な物体。「なるほど、当たってるやん」と、シビアな感想に深~くナットク。

 このころ入手した楽譜に「美女と野獣」があります。とっても好きな歌だったけど、子育てと家事を言い訳に、譜読みをキッチリしなかった。現在、このディズニー映画実写版は、アナ雪をしのいで超人気です。美女のベルは、黄色のテーマカラーのドレスで、魔法で野獣になった王子と踊ります。

 beauty-and-the-beast-2017[1] 

 今は、ていねいに曲作りにいそしむ時間もできた。そして、おお! 黄色のドレスもあるやんか!…という訳で、「美女と野獣」を歌う野望がフツフツと湧いてきて、黄色のドレスを引っ張り出してきた次第です。とりあえず、真夏の太閤園でこの曲を披露する予定です。

 おとぎ話の舞台はロココ時代のフランス。ロココとは、18世紀フランス宮廷で華開いた繊細優美な美術様式の文化です。魔法が解けたお城が、この時代を反映して華麗です。



わたしの手持ちの楽譜の歌詞は…

すばらしい物語 
おずおずと触れ合うわ指と指 ほんのすこし 
すこしづつ やさしさが ひらいてく 愛のとびら  

真実はただひとつ  しあわせは隠せない 誰の目にも 
なつかしい 歌のように 凍りつく季節さえ変えながら 

ほんのすこし  すこしづつ 
やさしさが ひらいてく 愛のとびら 
やさしさが ひらいてく 愛のとびら  

「食器棚へお行き もう寝る時間だよ」 「ふぁ~ おやすみ…」

     ♪      ♪     ♪     

 ひっぱりだしてきた黄色の輝くドレスなど、年齢関係なく、舞台で着てしまえばこっちのもんです。歌声の魔力でお客さまを「Beauty and the Beast」の世界にいざないましょう。この魔力を支える術(すべ)が、声楽のゆるぎなき基本と演奏実績にあるとは、言うだけヤボな話で…(あ、言っちゃった!我が身を省みてレッスン、レッスン!!)

     ♪      ♪     ♪     

●大学からのお知らせ2つ、こちらもご覧下さいませ→♪♪♪
●真澄さんが本日のサロンをレポートしてくれました→♪♪♪

なんだか、どんどんつながってゆくので(良いご縁が良い方向に…!)嬉しいなあ。

大学からお知らせ2題

興味ありましたらご参加ください!


●大阪教育大学大学院

大学院に進学をご希望の方、
「健康科学専攻シンポジウム」にお越しになりませんか。
613a2a6c391bf186f6d60bf2edf4fe943a79d7ad_6042906.jpg

※ 参考までに過去記事を→社会人大学院って楽しい!



●大阪健康福祉短期大学

ハルカスでアカデミックに学びませんか。
「健福興隆 ハルカス大学 講座」が開催されます。

日 時/7月16日(日)13:00~
会 場/ハルカス23階キャンパスフロア
   健福短大アバンスペース
参加費/一般2000円 学生1000円

第1部 元教授 森下博
「『待て、しかして希望せよ』は、大人の実践課題」

第2部 アートパフォーマー 花岡攻事
「自分の中に眠るエナジーとつながる方法」

わたくしも、オープニングを歌声で飾らせて頂きます♪

_20170616_221451-1.jpg
お申込/06-6621-3270[留守電に入れてください]

チラシ現物はキャンパスフロア交流スペースに置いています。

健康寿命…ひしひし感じる社会の胎動

オファーをいただきました。


松原市が「健康・学び・交流づくり」を目的とした施設をつくりました(市のHPはこちら→♪♪♪)

運営は、スポーツのミズノが受諾しています(ミズノのHPはこちら→♪♪♪)

ミズノは、スポーツのみならず、カルチャーとの協業という初の試みを実施します。

そこに、「ボイストレーニング講座」へのオファーをいただいたという訳です。


20161221-110621[1]


 ここに入るソフトは「健康・学び・交流づくり」をテーマとします。子どもと親や祖父母が交流する場所があります。子どもから大人まで楽しめるスポーツとカルチャーの講座が用意され、からだと脳をトレーニングする拠点となるでしょう。 


 思うに、この施設は、以前までよくあった税金の無駄使いの「箱もの」建設ではない。アクティブシニアの利用だけをあげても、心身の健やかな保持は、かかる医療や介護負担の莫大な経費削減につながって、市にとってのメリットも大きいことでしょう。少子高齢化対策や地域活性が、この施設の究極の目的だと思うのです。


 こんな公の方向性とも重なる、もうひとつの民間の動きを、最近聞きました。さびれにさびれたニュータウンの水面下のレアな話です。サロンの生徒さんが教えてくれました。やがて来る町の超高齢化を見据え、今、リタイア後の人たちが横に手をつなぎ始めてすごいらしい。


 大学教授あり、クラシックの音楽家あり… それぞれの専門家がそれぞれの専門性を、住む地域に還元しているのだそうです。例えば、自宅を開放して合唱を。ランチを楽しみながら英会話を。文化・運動・教養の諸々を、人生のひと仕事を終えて空いた時間、ボランティアに活かしているのです。(私もアメリカ暮らしの際、こんなボランティアのスタイルの恩恵に、たくさんあずかりました) 


 専門スキルを交換教授することによって、街全体は、カルチャーセンターやスポーツランドとなるではありませんか。人の身体機能や脳は活性化し、元気になって助け合い精神も生まれます。


 これら公と民の実態は、とりもなおさず、介護年齢を遠ざけ、健康寿命を延伸させる対策につながると思います。


 私は、アクティブシニアのための「声楽の健康効果」を研究して論文にまとめました。その内容は、治療と癒しの音楽療法を目的としませんでした。歌好きアクティブシニアは、声楽でより健やかに… データ分析の根拠をもって、社会へさきがけて提唱した研究結果と示唆は、公と企業が目指し民間が実践する実態とも合致してきています。超高齢化社会の課題である「健康寿命の延伸」に、声楽歌唱が役立てられると、再度、確認できた次第です。


 今までは、ビッグなオファーがあればただただ嬉しいだけでした。けれど、今回の松原テラス(輝)のオフォーには、声楽を活かす社会的意義をよく理解したうえで、ミッションをもってお応えできるようになりました。これは、院生となる前と後の大きな違いでもあります。


 6月は梅雨の季節。先日は、奈良・京都のサロンへの出講日でした。四天王寺を抜ける際、突然、ホラ貝の音が「プォー」と響き…。修験道かはたまた山伏か、全国から集結したかのように行列して、山門をくぐってゆきました。お寺の庭のアジサイが綺麗です。

image-1_20170607225555fc0.jpg



プロフィール

Diva

Author:Diva
声楽家 ソプラノ歌手
健康科学(歌唱)研究者


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・山田耕筰の孫弟子
・声楽の恩師は
 109才まで現役指導を
 貫いた(故)嘉納愛子氏


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院(4年制音大)
にて研鑽を積む


ハルカス・サロン講師


大阪健康福祉短期大学
アバンスペース
健福興隆ハルカス大学
講座 講師


♪******♪******♪


声楽とは
歌声を楽しむこと

花束の香りを
かぐように息を吸い
花びらの音符を
ちりばめて
歌いましょう♪

クラシック歌唱は
心身を健やかに導く…
そんな研究を
アカデミックに
発信しています

かつて暮らした街
サンフランシスコの
思い出とともに、
歌が紡ぐ日々の暮らしを
エッセイ風に綴ります

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ