ドイツからのお客さま

ブログの題名を「声楽♪虹の木もれ陽」にしました。

 宜しくお願いいたします。

………………………………………………………………………

 

 京都に出講、ドイツ人のOetzelさんが、フランクフルトに長く住んだAさんに伴われ、見学にお越しくださった。


 レッスン生さんたちはさすが京都ブランド、突然の外国人の来訪にも臆することがない。みんなで「赤とんぼ」を歌っておもてなしした。歌を聴いたOetzelさんいわく、「この曲はとても好きな曲です」日本の童謡をご存じなのだ。


 タイムリーなことに、Kさんが京都のわらべ歌集を持ってきてくださってた。ほんわか昔の京の暮らしも描かれた本を目で楽しんでもらい、四季の愛唱歌をメドレーを耳で聴いてもらって、外国からのお客様に日本を味わってもらった。


IMG_20180601_213247-1.jpg

[いっしょにうたいまひょ] かもがわ出版

(挿絵は、京大のあの霊長類研究の博士の奥様が描いたとのこと)


 続くクラシック歌曲のレッスンでは、「音楽の本場ドイツから来られたから、クラシック歌曲は珍しくないでしょう」と冗談っぽく言ってAさんに通訳してもらった。欧米の歌曲を上手く歌うより、日本人は日本の歌を歌う方が情緒はより伝わることを、かつての異国暮らしで学んだ。その配慮からだ。


 OetzelさんとAさんの間に流暢なドイツ語が交わされる。声楽科の学生の時に履修した私のドイツ語は記憶の彼方。そのかわり、シューベルトの野ばらを原語で「Sah ein Knab'ein Röslein steh'n…♪」と歌ってコミュニケーションをはかった。


 最後に「ふるさと」をみんなで歌うと、Oetzelさんは「この歌 知ってます」と言った。小さな声で歌っていらした。ミニミニ コンサートでのおもてなし、やっぱり京都は国際都市だった。ようこそ日本へ!


この前にひとつ記事あり。まだでしたらご覧下さいませ。


1

著書:シンプル声楽法(←クリックしてね)


5月のおさらい…背くらべ

1 著書:シンプル声楽法

………………………………………………………………………………


5月も終わり…レッスンのおさらいです。


 良い歌声は、背筋をシャキンと伸ばした正しい姿勢から。身長を計ってもらう時のように背中を柱や壁にペタッとつけ、1㎝でも高くなるようグンと背筋を伸ばしましょう。体が上等の楽器に整います。さあ、5月のおさらいに「背くらべ」歌ってみましょう♪



 さらに、一瞬で身体が楽器に整うヒミツの方法があります。それは…「本」を頭にのせて歌う!たったこれだけ。体が「背くらべ」する時のようにシュッと伸びますよ。こうして整えた良い姿勢を体でしっかり覚えておいてくださいね。だまされたと思ってやってみてください。 5月のレッスンでは、サロンのマダムたちも、この方法で高音が楽に出た人 続出でした。 


 頭にのせるのは「シンプル声楽法」がイイですね。怪しい本売りのおばさんではないですよ。重量・大き共にちょうど良いようです(…と、ビジネストーク!?) 


 お話かわって和菓子のお話を。下の写真は、茶の湯の堺のデモンストレーションで作られた和菓子です。職人技で 藤の花・青葉若葉が、 次々と美味しそうなお菓子になっていきました。


IMG_20180415_145752.jpg


 目に鮮やかな緑の季節、楽しく歌った5月も最終章。すぐに梅雨がやってきます。雨もまた楽し…楽しく歌って心身の健康維持増進をはかりましょう♪

 

アクティブ・シニアの音楽祭♪

1 著書:シンプル声楽法

………………………………………………………………………………

 

 対談と演奏のゲストによんで頂いたSAYAKAホールの音楽祭が、助成金対象に決定され、公的事業になったそうです。おめでとうございます!院の先輩 みかんぴあの先生が、長く生涯学習の研究と実践に取り組んでおられました。


fa3639acf3735df993ca03eb6d824b50eded6b79n_6469845[1]


 上は募集時のチラシですが、申し込みはあっという間に定員になって締め切られたとのこと。地道な研究や講座の実践って、認められ応援されて、やがて花咲く時がやってくるものなのねと勇気いただきました。6月下旬の音楽祭、話して歌うステージ…今からワクワクです♪


最新論文がウェブ上で紹介されてます!

 本年3月発行の大学・論叢に掲載された新しい論文がウェブサイトで紹介されています。ご興味あれば、紹介サイトをたどり、大学図書館にて閲覧ください。 

CiNii論文サイト← クリックすると紹介ページにとびます。


 山田耕筰の「赤とんぼ」をテーマに、声楽歌唱と心身健康の関連について考察しました。歌唱と生命力について考えつつ、恩師から伝えられた「耕筰節」をやっと文字に残すこともでき、肩の荷をおろしてホッとしています。音楽療法とは一線を画し、「声楽が心身に及ぼす健康効果」について論立てしたものです。また、作成したメソッドの実践で、効果のあがったケースの報告もしています。


●発達人間学論叢 第21巻 15-23頁 2017年

大阪教育大学教養学科人間科学専攻発達人間福祉学講座 刊行

<山田耕筰作曲「赤とんぼ」をテーマに 声楽歌唱と心身健康の接点を探る>


IMG_20180310_191536.jpg


 以下は、修士論文に取り組んでた頃の未投稿の記事です。「声楽の健康効果」の覚書で、データ解析の裏打ちとなる参考文献等での考察です。クラシックの歌唱法には、健康にいいオマケがいっぱいあるねんねと感じていただければ充分でございます。なんや字ばっかりやんか、さっぱりわかれへんという方々は読み飛ばしてください。興味シンシンという奇特な方、ヒマと根気でご一読くださいませ


………………………………………………………………………………

声楽を始める際、先ず取り組むのは「発声」である。

近年「ボイストレーニング」という言葉でも、

広く知られるようになった。

文字通り「声を出す訓練」である。


声楽は、他の奏者とは違い、

身体を楽器にするという特性を持つ。

大きく息を吸い、胸郭を開き、

腹筋で声を支え、頭骨で共鳴させ、

息をコントロールしながら歌う。


正しい発声は、喉だけでなく全身を使う。

歌う行為は全身運動である。


人は誕生して「おぎゃー」と最初の息を吐き、

最後に吐いて息をひきとる。

息は「生きる」に通じ、長い息は「長生き」に通じる。

このように息を使う声楽は「生きる」ことと密接に結びつく。


声楽は、全身のあらゆる機能を使って演奏する。

身体だけではなく心や感情をも駆使する。

脳と身体は密接につながる。

歌う行為は全身運動であるとともに、

全身全霊で創作する芸術といえる。


加齢をマイナスととらえたアンチエイジングから、

加齢をプラスにとらえるポジティブエイジングへ。

重ねた年齢が表現の深さをも生む声楽は、

生涯を通じて楽しめる趣味であり学習である。


厚生労働省の提唱する「健康日本21 第二次」において、

趣味や稽古事は、健康寿命の延伸に効果があると示された。

声楽のレッスンもまた、楽しい趣味でありお稽古ごとである。


健康寿命とは、

一生のうちで日常生活を支障なく送れる期間をいう。

何歳まで元気に暮らせるかの指標で、

厚生労働省が国民生活基礎調査などをもとに算出された。


2013年時点の日本人の健康寿命は、

男性が71.19歳、女性は74.21歳。

平均寿命は、

男性80.21歳、女性は86.61歳。

その差、男性9.02歳・女性は12.40歳。

これは何を意味するか。

この間を要介護や寝たきりで過ごす期間を意味する。


声楽やボイストレーニングは健康寿命を伸ばし、

介護を要する年齢を先に遠ざけ、

予防医療・未病の役割を担う可能性が期待でき、

これからの人生を心身健やかに導く

健康寿命延伸の可能性があると考えてよいだろう。


1946年世界保健機関(WHO) 憲章で

「Health is (中略) infirmity.」と健康の定義がなされた。

健康とは、

肉体的 精神的 そして社会的に満たされた状態であり、

ただ単に病気を患っていないとか、

心身共に弱っていないということではないと訳される。

病気のあるなしにかかわらず、

心身を健やかに保つ意志の方向付けが重要である。


声楽レッスンが生きがいや生涯学習の意欲へと展開し得るのは、

研究データの解析からも明らかであった。

歌を楽しむ習慣を、暮らしレベルの軌道に乗せることが、

健康長寿を支えるひとつの方法となると考える。


………………………………………………………………………………

 最後までお付き合いいただいたあなた、お疲れではございませんでしょうか。少しばかり、クラシック歌唱が健康に良い影響を及ぼすということが なんとなーく おわかりいただたら幸いでございます。ご清読ありがとうございました


1

シンプル声楽法


著書は上記のバックグラウンドをもって、こむずかしくせず、やさし~くシンプル~に楽しいレッスンができるよう、メソッドにしたものです。よろしくね、ウフッ(*^_^*)

卯の花のにおう垣根に・。・。♪

1 著書:シンプル声楽法

………………………………………………………………………………

 

 今の季節、サロンで歌う曲は「夏は来ぬ」が定番。「う~のはな~の…♪」の歌詞に、すぐそこに来ている夏を感じる。


 住吉大社で「卯之葉神事」があった。神主さんや宮司さんの烏帽子に、白い花の咲いた「卯の葉」が挿されていた。供える玉串も「卯の葉」だった。住吉大社ご神域の空気は清々しい。


IMG_20180511_134707.jpg


 舞楽の奉納もあった。涼風わたる木陰に流れる雅楽。その音色をたどって、DNAの記憶が遠い遠い太古の昔にさかのぼる。


20180511_202618-COLLAGE.jpg


 境内の「卯の花苑」を散策した。卯の花はウツギ(空木)ともいう。サラサウツギ・ハコネウツギなど種類も豊富。青葉 若葉が 陽に透けて、純白の花が初夏の到来を思わせる。


20180511_203456-COLLAGE.jpg


 ちなみに「夏は来ぬ」の4番、「楝(おうち)ちる 川べの宿の…」の『おうち』とは栴檀の古名。この木の下では、おうちの薄紫の細かい花がパラパラと落ちてくる。その情景をよんだ歌詞だろう。おうちは、真冬の青空にくっきりと枝ぶりが潔い、小さな実をつけたあの木のことだ。


DBjr0-6UQAAT9il[1]


 やっぱり神社の空気は清々しくていいなあ。住吉三神・息長帯比売命さま、いつもお守りくださいましてありがとうございます。


プロフィール

Diva

Author:Diva
中野陽子

声楽家 ソプラノ歌手
山田耕筰の孫弟子
声楽の健康科学 研究者


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・109才まで現役指導者
 故 嘉納愛子氏に師事


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院[4年制音大]
にて研鑽を積む


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


ハルカスを拠点として、マスメディア・デパート・大学関連講座の講師をつとめています


●読売新聞大阪本社・讀賣TVを運営母体とする文化センター講師


●ハルカス近鉄本店 文化サロン他 講師


●大阪健康福祉短期大学
健福ハルカス大学 講師


声楽を軸に、歌う日々やサンフランシスコ暮らしの懐古をエッセイ風に綴ります。

リンク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ