あれから18年…

あれから長い長い18年間。希望の光を常にともし続けた神戸の方達に、心からの敬意をはらいます。どんな時も神戸には、一筋の明るい光がさしていました。潮風に吹かれて おしゃれで爽やか… そんな たたずまいの陰に、計り知れぬ復興への努力があったと想像します。

声楽をとらえなおす きっかけともなった 阪神淡路大震災。がれきに埋まりながら、究極の状況の中で「赤とんぼ」を歌い続け、周囲と自らの生命の火を燈し続けた女性がいたことを知りました。歌なんて震災の朝の「おむすび」一個にも及ばない…音楽の無力感をおおいに感じたけれど、究極の状況の中、歌で命をつなぐ人がいらっしゃったのだ。

「赤とんぼ」… 山田耕筰の作曲。我が恩師の恩師。この歌を後世に伝える意味はある。確信を持って、再び声楽の道を歩み出したのが 18年前。だから音楽に迷いはない。2011年の東日本大震災の折も、暮らすこの地とこの場を守り、与えられた 歌 というミッションをこなすことが、最大の役目と自覚しました。

∮・・・*・・・∮・・・*・・・∮・・・*・・・∮・・・*・・・∮

成人の日、早朝の揺れで目を覚ました。
家がガタガタと鳴る中、2階から必死で降りてくる息子。状況を把握しようとテレビをつけると、コンビニの棚からカップラーメンが2個落ちている映像。たいしたことなかったと胸をなでおろしているうちにも、神戸の街はたいへんなことになっていたのだ。

子ども達の登校時間に2度目の大きな揺れ。震度5の余震。それでも2人とも学校へ行った。ワイドショーでは高速道路が横倒しになった状況を伝えていた。地震学者のコメンテーターが「こんなこと、よくありますよ」などと暢気に評論していた。ありえない。

神戸の従姉妹達の安否が気遣われる。電話は奇跡的につながり、無事が確認できた。叔母は迫り来る火の中を、加古川の娘宅に避難したと聞いた。友人からも電話があった。数件先の方が亡くなり、あたりはまだガス臭いけど、私達は大丈夫よと。阪神間の親戚は…。

そして徐々に伝わる被害状況、それからの3日間はテレビから一切の番組が消え、阪神・淡路の被災報道だけがふくらんでゆく。給水車に並ぶ一列の筋、胸が痛むとともに、日本人のあり方に感動すら覚えたことを忘れない。

いったい、自分がライフ・ワークと信じ、続けてきた「 音楽 」ってなんだったのだろう。この非常時に何の役にもたたない…。足元が あの潮風の薫る街と一緒に、ガラガラとくずれてゆく思いだった。

いつも、大阪湾の対岸に感じるおしゃれな神戸の時は止まったまま。それでもしばらくして、リュックを背に、被災地に水や食料を届ける有意の人の線路伝いに歩く行列を見た。堺から自転車で飛ばしたと、友人が言っていた。信じた声楽を手に何もできない自分がいた。

∮・・・*・・・∮・・・*・・・∮・・・*・・・∮・・・*・・・∮

日本の人々が各々の地を守り、自分達ができることに日々 取り組むことが又、日本という地盤を確かなものにする、復興へむけた大切な営みなのではないかと思います。

生命とともにある声楽…このライフ・ワークの本当の意味に出会って18年の歳月が流れた。復興なった神戸へ、いまだ復興途上の東日本へ、原発のフクシマに祈りの歌を奉げます。



プロフィール

Diva

Author:Diva
中野陽子

声楽家 ソプラノ歌手
山田耕筰の孫弟子
声楽の健康科学 研究者


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・109才まで現役指導者
 故 嘉納愛子氏に師事


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院[4年制音大]
にて研鑽を積む


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


ハルカスを拠点として、マスメディア・デパート・大学関連講座の講師をつとめています


●読売新聞大阪本社・讀賣TVを運営母体とする文化センター講師


●ハルカス近鉄本店 文化サロン他 講師


●大阪健康福祉短期大学
健福ハルカス大学 講師


声楽を軸に、歌う日々やサンフランシスコ暮らしの懐古をエッセイ風に綴ります。

リンク
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ