フィギュアスケート観戦

ヤッター! ソチで開かれる冬季オリンピックの前哨戦ともいえる、フィギュアスケートのグランプリファイナルで、男女1位金メダル! 浅田真央と高橋大輔が決めてくれました。ソチでの冬季五輪スケートリンクは、この会場だとのことで幸先良いスタートです。

男子フリー、高橋が滑ったのはオペラ レオンカバッロの「道化師」 最初に4回転3回転を用意していたけれど、転んでしまいました。
アーッ けれど、次の4回転に3回転をつなげて、大技成功。

なんと言っても彼の演技には吸い込まれるような表現力があります。まさに芸術。長光 歌子コーチが、中学生の高橋選手を見出した時「全身から音楽が溢れているような…」と語るのを、インタビューで聞いたことがあります。道化の悲劇を、スピード・回転・跳躍の技とバレエの要素で、滑り切っての金メダルでした。

羽生 結弦選手と共に1位2位独占。3位が、高橋の前に立ちはだかる絶対王者、カナダのチャン。本当に層が厚くなった日本男子フィギュアです。

パトリック・チャンはオペラ「ラ・ボエーム」での演技でした。2回転んだのを抜きにしても、スケーティング自体は王者の風格でした。けれど、残念ながら、オペラのエモーショナルな舞台が伝わってこなかった。

チャンの後半のステップは「ムゼッタのワルツ」にのせた滑りです。これって、おきゃんでワガママな女性のアリア。貴公子のチャンには向いていないなあとちょっぴり違和感。ムゼッタに振り回される元恋人マルチェッロの役なら、転ぶのもうなずけるんだけど…と辛口評価。12月のグランプリに、クリスマスの場面はウマイなあと思いましたが、演技構成点とはやっぱり芸術性なのだ。

女子の2位は米国のアシュリー・ワグナー。かつて安藤美姫も演じた「サムソンとデリラ」で滑りました。力強さのみなぎる迫力の演技で、この歌劇の醍醐味をよく表現していました。紀元前1150年頃のパレスチナのガザ、怪力の持ち主サムソンを、妖艶な女デリラが誘惑し破滅に導くというストーリー。デリラ風の衣装が鮮やかでした。

「ラ・ボエーム」も「サムソンとデリラ」も最近になって、またまた楽譜を引っ張り出して勉強していた曲でタイムリーでした。ピアノの伴奏者にもご無理を言って、つい先日、弾いて頂いたばかりです。

鈴木明子選手は惜しくも3位。年齢的にはもう、スケートは諦めたくなる年代なのに、まだまだ進化を続けています。彼女独特の表現で成長し続けておられ、年齢に区切りはないのですね。

試合が終わると、日本選手同士がハグして讃えあう光景がよく映っていました。すがすがしくて気持ち良いものです。とかく演奏会では、ワタシはオペラ歌手よ!とツンとすまして、肩で風きるカンチガイがいるけど、あれはブブー♪です。世界に通用するということは、謙虚と仁徳。フギュアスケートの楽屋が教えてくれています。さらに皆、自然体で仲が良いって、いいことですね。

♪・・・・・♪・・・・・♪・・・・・♪・・・・・♪・・・・・♪

音大時代に大阪の梅田のスケートリンクに通い、コーチについて練習したフギュアスケート。声楽には、氷に乗る重心の取り方が、とてもフィットします。氷に吸いつくように滑れた時の感覚は、なめらかに発声する時の感覚です。芸術って、底ではどれもつながっています。



プロフィール

Diva

Author:Diva
中野陽子

声楽家 ソプラノ歌手
声楽の健康科学 研究者


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・山田耕筰の孫弟子
・声楽の恩師は
 109才まで現役指導を
 貫いた(故)嘉納愛子氏


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院(4年制音大)
にて研鑽を積む


ハルカス・サロン講師


大阪健康福祉短期大学
アバンスペース
健福興隆ハルカス大学
講座 講師

リンク
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ