運命の力 と ダイエット

早朝の冷たくなった空気に、なんだか懐かしい冬の匂い…。
季節の訪れを感じます。ぐっと冷え込んで、色付いた木々が、さらに鮮やかさを増すでしょう。今年は紅葉が今までになく綺麗です。

音楽会もシーズンに入りました。

久しぶりに「運命の力」のアリアを演奏しようと、秋口から練習しています。長く歌っていませんでしたが、一度オーケストラと共演した曲なので、体の一部になってたみたい。口を開けばイタリア語が自然と出てきます。曲の表情も間合いも、染み込んでいました。

今回はさらにこの歌曲に磨きをかける訳ですが、あれから経た年齢を演奏に醸し出したいと思います。まだまだ、以前の、極めたと思っていた段階にすぎません。同じ曲の中に進歩がなくちゃ成長もない…。演奏とはかくも奥深く面白いものです。

原語

Pace, pace, pace, pace, mio Dio !
pace, mio Dio !

Cruda sventura
M'astringe, ahimé, a languir;
Come il dì primo
Da tant'anni dura
Profondo il mio soffrir.
Pace, pace, pace, mio Dio,
pace, mio Dio !




神よ、平和を与えたまえ!

過酷な運命は 悲しくも私を捉えて放さず 
私を苦しめます。
初めてここに来た日と変わらず
幾年もの間、私の深い苦悩は続いています
平和を与えたまえ、神よ!


曲の冒頭に、パーチェ パーチェ (平和) と繰り返すこのアリア。最初の一声パーチェで全てが決まるといっても過言ではありません。

時を経て、再び取り組むレッスン。表現がどのように変わるか楽しみですが、これはもう「神の御手」の領域でありまして…。自分自身で こう歌おうなんて段階ではもとよりなく、上から何かが降ってくるというか天に繰られるというか「音楽の道 遥かなり」を行く求道者? 

そうそう、オケ共演で歌った頃は、ダイエットでスリムになる以前のことでした。(とは言っても今も細くはないですが。) 黒いタイトな襟ぐりを大きく開けたドレスに身を包み、スリムに見えるよう歌ったアリアでした。立ち姿も美しく…とそれなりに、工夫を凝らしたお気に入りの衣装でしたが、今やそれもブカブカ! 大きすぎて着ることができなくなりました。

「 脂肪で歌う VS 筋肉で歌う 」そんな構図も自分の中に見えてくるなあ。ちなみに現在は 身長÷体重÷体重=22 あたりを維持しています。体にとってのゴールデンバランスは、BMI指数22。何より健康のため始めたウォーキングですが、減量はどうやら、身体という楽器作りにも役だっていたようです。

ダイエットして声量が減りませんか?とよく聞かれました。
ウォーキングで筋力が付き発声が変わったのか、声量は減りません。あの頃、時代は 乗り物がステイタス。歩くことすらしませんでしたもの。今は、適度に動かした身体が奏でる曲はとても気持ちも良い♪

声楽家って、マリアカラスがそうであったように、一度はダイエットでガラリと変わってしまうものなのでしょうか。巨体だった彼女は、サナギから蝶に美しく変身。以後、よりシャープでよりクリアな響きが備わったと思います。

声楽は、健康体でないと、長く続けられない商売(!!)です。自身が楽器である以上、買い換えることはできず、メンテナンスを怠ることができない生き物です。

冬の匂いのする、仁徳天皇稜古墳前に広がる大仙公園。今日あたり、さらに紅葉も鮮やかでしょう。色づいた木立を散歩しつつ、頭の中は歌詞を覚えるのに忙しく…。晩秋からクリスマスへ、一年の中で最も心はずむシーズン到来です。

お弁当持ってピクニックもいいな。
おっと、ピクニックより風雅な紅葉狩りといきましょう♪

♪~・~♪~・~♪~・ ミニ レッスン ・~♪~・~♪~・~♪

最初の一声「パーチェ」
高く小さく天上から降る声とでも表現しましょうか…。
クレッシェンドで、だんだん大きく力強くなる一声です。
そして又、低い音に移る間の色合いに
何とも言えず情感漂う一節です。

高く小さな声は本当に難しいですね。
天上の極みをイメージします。
小さな声とは、渾身のパワーを込めた音のことです。

お手本の歌声、聴いてみてください。

高い音から低い音まで余すことなく、美しい響きで充実しています。ブラボー♪

プロフィール

Diva

Author:Diva
中野陽子

声楽家 ソプラノ歌手
山田耕筰の孫弟子
声楽の健康科学 研究者


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・109才まで現役指導者
 故 嘉納愛子氏に師事


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院[4年制音大]
にて研鑽を積む


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


ハルカスを拠点として、マスメディア・デパート・大学関連講座の講師をつとめています


●読売新聞大阪本社・讀賣TVを運営母体とする文化センター講師


●ハルカス近鉄本店 文化サロン他 講師


●大阪健康福祉短期大学
健福ハルカス大学 講師


声楽を軸に、歌う日々やサンフランシスコ暮らしの懐古をエッセイ風に綴ります。

リンク
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ