FC2ブログ

豪雨で幕開けした夏

 大きな被害をもたらした西日本の豪雨。ブログにいつもお越しくださっていたロココたえ様の音信が途絶えていたので心配していました。でも、「大丈夫!」と久しぶりの書き込み…安堵しました。


 さて、豪雨で交通機関の運休が相次いだ日は、母校の音大のホームカミングデー前日。こんな状況にもかかわらず、翌日の行事決行の知らせがホームページに掲載されました。行事の模様を以下に記します。 


IMG_20180708_100425.jpg

当日のプログラム (大教のマークは持っていった紙袋)


 たとえ嵐でもステージに向かう職業柄からでしょうか、卒業生からは、ホームカミングデーの開催を希望する声が多く届いたのだそうです。私は、学生時代の友人のKさんとご一緒しました。


 当日のプログラムの最初は、ウェルカムコンサートでした。大雨に洗われた夜空にひときわまたたく星々のような音色が、南港ホールのロビーに流れました。講座も2つありました。同窓会主催のホームカミングデーは、卒業生のブラッシュアップを兼ねています。

_20180708_093205.jpg


 ウェルカムコンサートが終わると、聴衆(卒業生)は、奏者がソデに引っ込むまで拍手を送り続けていました。私たちが現役の音大生であった頃、当時の教授・木川田先生(関西二期会の重鎮)は、奏者がソデに完全に退場するまで拍手をおくり続けなさいとおっしゃっていました。


 先生の教えを現在も踏襲する卒業生たち。舞台での苦労を知る同じ奏者として、演奏をねぎらい敬意を表する拍手は自然と湧いてきて、昔 指導されたマナーを今に活かす卒業生たちの姿にちょっぴり感動を覚えたのでした。


_20180708_220305.jpg

久しぶりのキャンパスで受けた講座は2講座。


 第1講座は「即興演奏」でした。溢れるように奏でられる音に、さすが音大!と再認識。才能のある人は違うなんて思いたくもなってしまいます。けれど、講座を担当した先生は、「才能だけで瞬時に即興曲ができるはずもなく、空き時間に音を書き留め、すき間時間に練習する」とおっしゃっていました。


 地道な努力の積み重ねが即興曲の和声づくりにつながると。やっぱりどんな優れた演奏者も地味な作業をしてることを再確認。数多(あまた)いる演奏者の中の普通の一人を自覚する者には、なんだか勇気の湧いてくる嬉しい言葉でした。


 第2講座は「身体を使った合唱の音づくり」でした。現在指導するボイストレーニング講座にも通じるヒントがありました。また、合唱の基本は「ユニゾン(同じ音)」で、これがしっかりすれば、2声3声と音が分かれた時によくハーモニーするとのことでした。


 音大のホームカミングデーに集った卒業生は、たゆまずお客様方を前にたくさんのステージと演奏をこなし、音楽の空間のスケールを自然と身に付けたようです。いわゆるオーラというヤツですが、今の年齢だから表現できる芸術性と技を、まだまだ磨き続けているようです。特殊な専門分野ですが、音楽の大学に漂う空気もいいものです。今回の行事は入試説明会も兼ねているので、ご興味あれば、音楽学部のHPをどうぞ。

 

母校ホームページ    (←クリックしてね)

沙羅の木会 ホームページ(←クリックしてね)

 

プロフィール

Diva

Author:Diva
中野陽子

声楽家 ソプラノ歌手
山田耕筰の孫弟子
声楽の健康科学 研究者


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・109才まで現役指導者
 故 嘉納愛子氏に師事


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院[4年制音大]
にて研鑽を積む


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


ハルカスを拠点として、マスメディア・デパート・大学関連講座の講師をつとめています


●読売新聞大阪本社・ 讀賣TVを運営母体とする文化センター講師


●ハルカス近鉄本店  文化サロン他 講師


●大阪健康福祉短期大学 ハルカス講座 講師


声楽を軸に、歌う日々やサンフランシスコ暮らしの懐古をエッセイ風に綴ります。

リンク
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ