5月の演奏♪

 ハルカス・キャンパスフロアのアバンスペースで、大阪健康福祉短期大学「ハルカス大学講座」の5月分が開催されました。講師は、即興の音楽家・清水香織さんと、ベトちゃんドクちゃんとの交流で知られる藤本文朗氏(滋賀大名誉教授)でした。私は歌で登壇。


550dc4fd[1] (天空の城・ハルカス)


 演奏とは言え、最近パワポを使った講座で演奏することが増え、今回私は、清水さん作曲の歌を披露しました。清水さんは、会場の学長・理事長・名誉教授・大学教員なども混じる聴衆を前に、臆することなく講座を進めました。即興で彼女が曲をつけた学長の詩は、大ウケ。学園祭のステージでやりましょう!なんていう冗談も飛び出すくらいでした。


IMG_20180506_224018.jpg (講師の香織さん)


 演奏家の集うコンサートとは違い、ハルカス大学では普段 会うことのない方々との出会いがあります。特に、今回講師の藤本先生は、ベトちゃんドクちゃんとの交流で「世界の架け橋」のような方なのに謙虚で、まだまだ勉強中とおっしゃっていました。様々な出会いが、自分の世界を広げてくれます。学際という言葉そのままに、異なる領域の人々が「健福ハルカス大学」で共有する時は貴重です。公開講座なのでどなたもウェルカム!


IMG_20180506_224208.jpg (終了後の意見交換)


 今回は、開催が危ぶまれるアクシデントもありました。けれど、そこで私が体感したものは、それぞれが個として独立した懐深い大人の、ひたすらに前を向いて進もうとする底力。私も講師としてだけでなく運営にも関われて、本当に幸せに思います。 


 広く学んで自分の音楽の基礎づくりをした音大時代。音楽をテーマに自分の論を確立させた大学院時代。そしてステップアップした修了後には再び、新しく広がる世界から吸収すること多いです。こんな収穫を抱えて帰って、いつもの音楽の場に還元できたらと思います。ご恩返しはこれしかないと…。


 レッスンレッスンと常に思っていましたが、次元上昇した日常に学ぶこと多く、音楽性のバックグラウンドが広がってゆきます。と同時に、音楽の余分の力は、良い塩梅にハラリハラリと抜けていく。「音楽の道、はるかなり」です。


IMG_20180420_162434.jpg


 さあ、風薫る五月。公園の書斎(?!)へ楽譜と本を抱えてゆきましょう♪

………………………………………………………………………………

1   image_76311_640_0[1]

シンプル声楽法  新聞記事はクリックすると拡大します♪

 

プロフィール

Diva

Author:Diva
中野陽子

声楽家 ソプラノ歌手
山田耕筰の孫弟子
声楽の健康科学 研究者


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・109才まで現役指導者
 故 嘉納愛子氏に師事


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院[4年制音大]
にて研鑽を積む


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


ハルカスを拠点として、マスメディア・デパート・大学関連講座の講師をつとめています


●読売新聞大阪本社・讀賣TVを運営母体とする文化センター講師


●ハルカス近鉄本店 文化サロン他 講師


●大阪健康福祉短期大学
健福ハルカス大学 講師


声楽を軸に、歌う日々やサンフランシスコ暮らしの懐古をエッセイ風に綴ります。

リンク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ