FC2ブログ

またまた声楽の取材うけました♪

 1 著書:シンプル声楽法

………………………………………………………………………………

 

 声楽家として取材を受け、情報の媒体誌に記事が出る予定です。読売新聞の著書の紹介記事が次につながり、大阪まんなか版と帝塚山版で、もうすぐ地域に配布です。


IMG_20180519_111123.jpg

掲載記事↑写真をクリックすると内容が読めます。


 取材時のテーマは「人生100年、年齢を重ねてより心豊かに人生を謳歌する、輝きびとを訪ねて…」。年齢を重ねてから社会人大学院の門を叩き、声楽のメソッド本も出版したことに興味を持っていただいたのでした。


 100歳と言えば、109歳まで現役の声楽教師を続けられた恩師の故・嘉納愛子先生。取材では、先生から影響を受けた「声楽との生涯のお付合い」のお話もしました。今回掲載記事の冒頭に、「60・70花なら蕾、80・90花盛り、90過ぎてお迎えが来たら追い返せ」と先生の言葉が掲げられる予定です。


endo[1]


 さて、情報誌が配られる帝塚山は、ピアニストの叔母に手ほどきを受けたあと、通い続けたレッスンの地。ピアノの先生のお宅はスタッコ壁と赤い屋根から突き出た2本の煙突塔のある洋館でした。ヴォーリーズ設計のミッションハウスで登録有形文化財(上の写真はこちらのHPより)だったのです。幼い私は当たり前のように門をくぐっていましたが、今から思うと、とても贅沢なレッスン環境だったんですね。


 声楽を志してからは北畠の嘉納先生のお宅へ行きました。楽譜を小脇に、ホームレッスンに駆け足で。106歳の先生のお宅を訪ねた時も、先生は、「見たい聴きたいなんでもしたい…私はたいたいばあさんよ」とおっしゃるほど好奇心いっぱいの精神をお持ちでした。考えてみれば、帝塚山には半世紀以上もレッスンに通い続けたことになります。


 音楽を育んでくれた地・帝塚山にも配られる情報誌。もし、先生がおいでだったら、「あらっ?」と目を留めて下さるでしょうか。それとも、「インタビューって、あなた、まだまだよ。もっとレッスンして精進しなくちゃ!」とおっしゃるでしょうか。レッスンの実りが、人生100年時代を生きるヒントとなって、この地に還元されれば嬉しいと思います 


プロフィール

Diva

Author:Diva
中野陽子

声楽家 ソプラノ歌手
山田耕筰の孫弟子
声楽の健康科学 研究者


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・109才まで現役指導者
 故 嘉納愛子氏に師事


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院[4年制音大]
にて研鑽を積む


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


ハルカスを拠点として、マスメディア・デパート・大学関連講座の講師をつとめています


●読売新聞大阪本社・ 讀賣TVを運営母体とする文化センター講師


●ハルカス近鉄本店  文化サロン他 講師


●大阪健康福祉短期大学 ハルカス講座 講師


声楽を軸に、歌う日々やサンフランシスコ暮らしの懐古をエッセイ風に綴ります。

リンク
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ