ハルカス と 五重の塔

鉄骨が一本、建築中のビルのてっぺんに立てられて、ついに日本一のビルに名乗りをあげた≪ハルカス≫。2014年に開業…初めて聞いた時は「ホントにそんな日なんてやってくるの?!」と夢のようでした。「とにかく、2014年までは、みんな生きてましょうね!」掛け声をかけあったものでした。   

ハルカス界隈には、聖徳太子が建立した四天王寺があり、古代の高層建築「五重の塔」が千数百年の長い歴史を紡いでいます。

超近代建築のビルと、悠久の時を刻む寺。そのおひざ元で、オペラのサロンをいとなみ、ボイストレーニングの活動もさせて頂いてます。 太古から未来への時の流れをハルカスと五重の塔に感じつつ、音楽にいそしめるとは、意義深いことだなあと深く感じます。

大阪に『アホと煙は高いとこへ昇る』という言葉があります。巨大なハコ物ビルディングに、とかく風当たりのキツイ昨今。タワーだって高けりゃイイってもんじゃぁありません。

けれど、土を深く掘り返し基礎工事に時間を費やして、見上げるたび空へ伸びゆく雄姿は、周りに活気をふりまいていました。耐震構造においては、五重の塔・ハルカスは、世界のトップレベルでしょう。

「バベルの塔」で終わず「五重の塔」に習い悠久の歴史を紡ぐ土壌がこの地にはあります。そのおひざ元からの発信は、山田耕筰の言葉『音楽は宗教である』を軸に、心の豊かさ・癒し・安らぎを歌うことで提供してゆくことだと確信します。

なんて、エラソウなこと言ってるけど、ホントは、新しいデパートも楽しみ、ハイクラスなホテルも素敵、美術館も展望台もみんなみんな待ち遠しい…♪ レッスンの帰りに寄れるから…♪ なーんたって、音楽のできるスタジオもできるらしいよ♪ と、ミーハーなんです。

はあぁ~…世の中、混沌としてニッチもサッチもいかない。なあんて甘えてたわ。ウカウカなんてしてられないです。取り組んでるとこは取り組んでるんだ…! 歩みを進めているとこは進めてるんだ…! 気がついてみれば大阪は、町も人も時代もすっかり生まれ変わりつつありました。


 追記 : 彼岸の入りになり、五重の塔が開放されました。最上層に昇ると『ハルカス』が遠望できました。展望台から寺院仏閣は眺めるけれど、フツー、五重の塔のてっぺんからビルは眺めませんよね?!とても珍しい体験です。

♪~・~♪~・~♪~・ ミニ レッスン ・~♪~・~♪~・~♪

サロンではオペラもボイストレーニングも、ベルカント唱法、又は、クラシック唱法を基にしています。これは西洋の長い長い時間の中で磨かれてきた、最も効果的で安全で効率の良い発声法です。

イタリア語で、ベルとは「美しい」や「輝く」カントは「歌」の意味です。歴史に磨かれ長い時に培われた発声法は本物です。輝くような歌声の王道をゆきましょう♪

簡単ベルカント発声法:
アィ~ンで楽器を整えます。そう! あの「アィ~ン」の表情です。
 
  1. 顎関節を開きます
  2. 頬の層を開きます
  3. こめかみを開きます
  4. 頭頂部を開きます

以上、ベルカントの発声でポイントとなる箇所です。各部分を、よく開放し、頭部を楽器に整えよう。さあ、輝く歌声で歌いましょう。
プロフィール

Diva

Author:Diva
声楽家 ソプラノ歌手
健康科学(歌唱)研究者


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・山田耕筰の孫弟子
・声楽の恩師は
 109才まで現役指導を
 貫いた(故)嘉納愛子氏


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院(4年制音大)
にて研鑽を積む


ハルカス・サロン講師


大阪健康福祉短期大学
アバンスペース
健福興隆ハルカス大学
講座 講師


♪******♪******♪


声楽とは
歌声を楽しむこと

花束の香りを
かぐように息を吸い
花びらの音符を
ちりばめて
歌いましょう♪

クラシック歌唱は
心身を健やかに導く…
そんな研究を
アカデミックに
発信しています

かつて暮らした街
サンフランシスコの
思い出とともに、
歌が紡ぐ日々の暮らしを
エッセイ風に綴ります

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ