晩 夏

幼い日の夏の原風景は、カントリーな田園風景の広がる田舎。サァーと吹き渡る風が稲穂の波を作り、緑の匂いを運んできます。夜は満天の星、蛙の合唱の子守唄で眠りにつきました。都会からきた子には、空の青と山々の緑の鮮やかな彩りに満ちたバカンスでした。

ここ葛城は、金剛生駒紀泉国定公園の山裾です。ロマンティックな名の「風の森」は米作り発祥の地とも称されます。「宮戸」は古事記に出てくる葛城高宮です。白州次郎夫人の正子の名著『 かくれ里 』にあります。大和に里帰りする母に連れられ、夏を過ごす心の故郷は又、神話の故郷でした。

ある日、スイカを従兄弟たちと取りに行きました。畑で割って食べたとれとれのスイカは、熱湯のように熱かった。夏の陽を浴び、水分をたっぷり含んだスイカは熱いのです。だから、井戸で冷やしたスイカは格別の味でした。

小川のせせらぎで水遊び、田舎の子になって自然の中で遊びほうけ、町にもどると残った宿題に精出して…。甲子園の高校野球も終わり、地蔵盆で配られるお菓子の楽しみも終わり、はっと我にかえるともう晩夏…。コオロギのかすかな声が無性に寂しくて、夏はそんなふうに過ぎてゆきました。

♪~・~♪~・~♪~・ ミニ レッスン ・~♪~・~♪~・~♪

最近は、晩夏でも暑さがやわらぐどころか、温度計は高いままです。けれど、油断大敵、朝夕ちょっぴり涼しくなりました。カゼをひくとさあたいへん!喉を痛めて、声が出なくなってしまいます。声楽家はここからが勝負です。お布団の掛け具合から風の当たり具合、細心の注意をはらってカゼ予防をします。意思の力で、カゼはひかないって決めるんです。
プロフィール

Diva

Author:Diva
声楽家 ソプラノ歌手
声楽の健康科学 研究者


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・山田耕筰の孫弟子
・声楽の恩師は
 109才まで現役指導を
 貫いた(故)嘉納愛子氏


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院(4年制音大)
にて研鑽を積む


ハルカス・サロン講師


大阪健康福祉短期大学
アバンスペース
健福興隆ハルカス大学
講座 講師


♪******♪******♪


声楽とは
歌声を楽しむこと

花束の香りを
かぐように息を吸い
花びらの音符を
ちりばめて
歌いましょう♪

クラシック歌唱は
心身を健やかに導く…
そんな研究を
アカデミックに
発信しています

かつて暮らした街
サンフランシスコの
思い出とともに、
歌が紡ぐ日々の暮らしを
エッセイ風に綴ります

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ