歌って書いて味わって・。・。♪

 郵便名柄館「テガミカフェ」でカリグラフィーとコラボレーション。参加の皆さんと心満ちるひとときを過ごしました。


 館に着くとすぐ「先ずはランチを…」と、そら豆ごはん・豚肉の長いも巻き・ミルクごま豆腐など、心づくしのおもてなしをうけました。地産のお野菜たっぷり、スタッフの皆さんのあったかくやさしい笑顔、歌う元気がお腹の底から湧いてきた!ごちそうさま~♪


_20170604_180042.jpg


 カリグラファー(西洋書家)の木作先生はマニッシュないでたち。ソプラノ歌手(声楽家)の私はエレガントなドレス。どちらもモノクロでキマリました。当日の模様を郵便名柄館FBにアップしてくださってます。御所市役所から取材に来た「御所ボーイ」さんのFBもシェアされています→♪♪♪


18838907_1375752662515791_1807454040656141274_n[1] 18839106_1375752515849139_2128223593666831437_n[1] 


 レトロな空間に、さらさら流れるメロディーと筆の跡…皆さま方の「見上げてごらん夜の星を」の和やかな歌声も流れましたよ。西洋書道で皆のイニシャルをプログラムに書き込んでもらって、文字の美しさにみな感激♡


IMG_20170604_151258-COLLAGE.jpg


 くつろぎのティータイムは、おなじみ、当館オリジナル切手付ドリンク。焼き菓子の味は本物。(そうそう、最近 映画の舞台にもなり、「天使のパフェ」が登場。このパフェ目的に、全国からお客様が訪ねてくるとか。パフェもごひいきに~)


 カリグラフィーの文字にはけっこう苦心しました。けれど、ワークショップのほっこり楽しい時は瞬く間に過ぎ。みんなで記念写真をパチリ。ご参加の皆さまがた、お運びくださいまして心より感謝いたします 


18815045_1375752372515820_6056655515050658862_o[2]


 イベントを終え、改めて運営者とお茶でホッと一息。木作先生に郵便館「テガミカフェ」の成り立ちを尋ねられ、運営者が「ひとことで語り尽くせない」と…。ここに来るまで山あり谷ありの凸凹道を思い出して、みな大笑いです。


 もともとは、ボッロボロの旧郵便局舎。それが生まれ変わって全国から人の集まるパワースポットになりました。そう言えば私もかつてこんな記事を書きました→♪♪♪


27267476_Sc-c-oZnmK_jT-B4GlIyX6mVVAhJhcL-wpVxgyFWQF0[1]  24[1]


 ボロボロ局舎を人を幸せにする場に変えたのは、運営する「吐田郷プラネット」の方々の、心が折れそうな時も、常に前向きに楽しもうとする姿勢。叶った夢の中で生き生きと働く姿を見ると、夢ってホントにこの世に形として表れるんだって思えます。

プロフィール

Diva

Author:Diva
声楽家 ソプラノ歌手
健康科学(歌唱)研究者


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・山田耕筰の孫弟子
・声楽の恩師は
 109才まで現役指導を
 貫いた(故)嘉納愛子氏


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院(4年制音大)
にて研鑽を積む


ハルカス・サロン講師


大阪健康福祉短期大学
アバンスペース
健福興隆ハルカス大学
講座 講師


♪******♪******♪


声楽とは
歌声を楽しむこと

花束の香りを
かぐように息を吸い
花びらの音符を
ちりばめて
歌いましょう♪

クラシック歌唱は
心身を健やかに導く…
そんな研究を
アカデミックに
発信しています

かつて暮らした街
サンフランシスコの
思い出とともに、
歌が紡ぐ日々の暮らしを
エッセイ風に綴ります

リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ