私のホームグラウンド

 4thコンサートが無事修了。団員はホッと一息ではないでしょうか。院やレッスンのあれこれで、なかなか練習に参加できなくても、ボイトレの席もそのままに待ってて下さる。私にとって、団はまるで「思い出のグリーングラス」の歌詞そのまま、ホームのような存在です。


 高校時代は、この団に集う先輩たちの指導のおかげで、NHK全国大会にコマを進めました。全国レベルに届くほどの、元コーラス部員が揃う団なので、ハモリもバッチリです。


1207083[1] これは以前の写真


 今回は「組曲・心の四季」のみに参加させて頂きました。後は客席で聴かせてもらいましたが、楽しい陽サウンドのバクハツが心地よかったです。(忌憚のないシビアな意見は団に直接…)


 本番も近いある日の練習に、マエストロM氏は、ある男性を団に連れてきました。「あっ!佐野さんや~」高校時代の先輩を見て、私たちは一挙に高校1年に戻ってしまいました。


 ある男性とはだれあろう、私たちが高1の時に高3だったパートリーダー佐野光徳氏。佐野さんと言えば、バーンスタインの日本公演のマネージメントは全て彼。あの指揮者・佐渡裕をビッグに育てた超大物でもあります(→♪♪♪) 


 堺市で建て替え中の堺市民芸術文化ホールのエグゼクティブ・プロデューサーの仕事で、堺にちょくちょく帰ってくるので、団の練習を見にきてくれたんだそうです。


syouhall[1] 堺市民芸文ホール


 佐野さんに正攻法では足元に寄り付けない私たちですが、高1にタイムスリップ、キャアキャア佐野さんを取り巻いて話しました。懐かしのNHKコンクール課題曲を歌うと、「ああ、思いだしてきたわ~」と距離が一挙に縮まったのでした。


 おっと、4thコンサートのお話でした。この日メインの指揮者M氏は、その昔、高校の合唱部をNHK全国大会へ押し上げてくれた人物・・・ということは、あの超大物の佐野さんも 当然 高校時代に指揮者M氏の指導を受けていた。「オイ、佐野!ここはナンヤラカンヤラで…!!」指揮者M氏の若き日の熱血ぶりがよみがえります。上には上がいた訳で…(°_°!)


 というふうに、超大物を指導していたから指揮者M氏はもっとすごい!という力技(チカラワザ)にも似た論法で、4thコンサートの陽サウンドがヨカッタよ~ということをお伝えしたかったのであります。団員の皆さま、陽らしく楽しいステージにブラボー♪

プロフィール

Diva

Author:Diva
声楽家 ソプラノ歌手
健康科学(歌唱)研究者


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・山田耕筰の孫弟子
・声楽の恩師は
 109才まで現役指導を
 貫いた(故)嘉納愛子氏


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院(4年制音大)
にて研鑽を積む


ハルカス・サロン講師


大阪健康福祉短期大学
アバンスペース
健福興隆ハルカス大学
講座 講師


♪******♪******♪


声楽とは
歌声を楽しむこと

花束の香りを
かぐように息を吸い
花びらの音符を
ちりばめて
歌いましょう♪

クラシック歌唱は
心身を健やかに導く…
そんな研究を
アカデミックに
発信しています

かつて暮らした街
サンフランシスコの
思い出とともに、
歌が紡ぐ日々の暮らしを
エッセイ風に綴ります

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ