FC2ブログ

メヌエット♪

1 著書:シンプル声楽法

………………………………………………………………………………

 

 梅雨になるとサロンで歌う曲は「ラバーズ・コンチェルト」。ウチの紫陽花も花玉をつけました。


F1000072.jpg



雨のしずく

やさしく森をぬらし

小鳥は歌う 愛の歌

あのメロディー
いつの間にか虹は丘の上に

二人のために 輝くよ

七色に


  雨が上がって虹が出て、梅雨の晴れ間を思わせる歌詞です。ダバダバ ルラル~ とスキャットでも歌いますが、これは 声楽歌曲を歌うボイストレーニングにもとても良い。歌詞をクリアに発音する お口の体操にもなります。


 曲の原型はメヌエット、ちょっと調べてみました。こんな風にクラシカルな舞踏曲もいいものです。


ces-robes-de-princesse-du-cinema-qui-nous-auront-fait-rever-photo-26[1]


 メヌエット  

 1660年代からフランスの宮廷舞踏の仲間入りをした。17世紀末にクーラントという舞踏が宮廷舞踏会から姿を消すと、メヌエットがダンスの最高格となった。長年その地位を維持したメヌエットの基本は4分の3拍子で、フレーズの取り方に特徴がある。

 宮廷舞踏会の初めのペアダンスとして、定形の踊り方となり、ヨーロッパ各国でも規範とされるようになった。そのため、スペイン・ドイツ・イギリス等でもメヌエットの舞踏教本が出版されるようになった。宮廷舞踏会のみならずオペラやバレエなど舞台作品でも踊られたので、様々なタイプのメヌエットが存在する。


612x460_wlimited[1]


 宮廷舞踏の格式高い音楽も、現代的に編曲されるとグッと軽やか。歌詞が付くとまたステキ。でも、クラシカルな「メヌエット」は奥深くていいなあ    


プロフィール

Diva

Author:Diva
中野陽子

声楽家 ソプラノ歌手
山田耕筰の孫弟子
声楽の健康科学 研究者


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・109才まで現役指導者
 故 嘉納愛子氏に師事


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院[4年制音大]
にて研鑽を積む


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


ハルカスを拠点として、マスメディア・デパート・大学関連講座の講師をつとめています


●読売新聞大阪本社・ 讀賣TVを運営母体とする文化センター講師


●ハルカス近鉄本店  文化サロン他 講師


●大阪健康福祉短期大学 ハルカス講座 講師


声楽を軸に、歌う日々やサンフランシスコ暮らしの懐古をエッセイ風に綴ります。

リンク
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ