夢の実現♪

あれは、社会人として巣立った長男とウキウキ デートした日のことでした。今を去ること2年前…。デートするなら、やっぱテリトリーのハルカスよねと、付き合ってくれる長男に感謝しつつ、一緒に美味しいものを食べたのでした。

「あれ?こんなものがある…」17階の企業フロアで、なにげに会社や大学のネームプレートを見ていた長男が、大阪健康福祉短大の名札を見つけたのでした。

「うわ~、キャンパスフロアに健康関連の大学サテライトがきたんや~。ママ、掃除のおばちゃんでいいから雇ってもらいたいわぁ」当時、健康科学専攻の院生だった私は、半ば本気の冗談を言いました。そして月日はたち、私は院を修了。

facility-024_2016[1]
(会場:アバンスペース)

26日、その大学サテライト「健福ハルカス大学」が開校しました。理事長の挨拶に続き、岡本学長が、時代の潮流をひもとく講演をしました。タイトルは「零(こぼ)した雫(しずく)が大河になる~人類 淨進化(じょうしんか)の潮の目の栓を抜く~」。ハルカスからの情報発信が、ユーチューブで世界に同時配信され、時代も進んだものです。

hqdefault[3] (時折、笑いも…)

学長のお声かけで私は、講演のボイスBGMをつとめさせていただきました。ピアノはSさん、Mさん・Yさんとハーモニーで音の空間をつくりました。文部科学省への提出書類「健福ハルカス大学」講師陣推薦リストに私の名も載せてくださって感謝です。掃除のおばちゃんでいいから、ハルカスの健康関連の大学にたずさわりたい…これが願った以上のものとなったのです。

IMG_20170323_194044.jpg (紀要と抜き刷り)

夢の実現を支えたものは、院修了後も、完成へ歩を進めた研究の継続でした。先日には、学会発表後に大幅に加筆修正した論文が掲載された「紀要」が届きました。大阪教育大学 人間科学講座 発達人間福祉学 論叢です。ようやくここまで来たと感慨深く、教授陣に混じっての論文は畏れ多いけれど、本当に嬉しい。業績を積むとはこのことを言うのでしょう。

先生方のお導きと周囲の方々の力添え以外の何ものでもありません。しかし、舞台演奏しか知らない声楽家なぞという門外漢も、蟻の一歩を止めなければ夢に近づくと、体験を通して感じます。論文要旨は、出身音大の同窓会「沙羅の木会」HPのご好意で、紹介いただいています。左欄にリンクしているので、興味ある方はご覧下さい。

さて、本分の「声楽」。新講座のパンフレットも出来上がりました。8階スタジオと23階キャンパスフロアが相乗効果となって、ハルカスは、私にとっての本格的な声楽発信の拠点となりました。

_20170325_084900.jpg (タワー館の新講座)

声楽芸術を核に、これからも丁寧に歩を進めてゆこうと思います。修論追いこみの頃に生まれた孫が、よちよち歩くようになりました。歩くのが大好きな子で「きゃっきゃっ」笑ってホントに嬉しそう。パパとなった次男の大きな靴に守られたちっちゃな靴を見るたび、口元がほころんでしまいます。

「歩こう歩こう 私は元気~♪ 歩くの大好き どんどん行こう~♪」進めば先に、また何かいいことあるかな…

_20170323_194251.jpg  
プロフィール

Diva

Author:Diva
中野陽子

声楽家 ソプラノ歌手
山田耕筰の孫弟子
声楽の健康科学 研究者


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・109才まで現役指導者
 故 嘉納愛子氏に師事


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院[4年制音大]
にて研鑽を積む


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


ハルカスを拠点として、マスメディア・デパート・大学関連講座の講師をつとめています


●読売新聞大阪本社・讀賣TVを運営母体とする文化センター講師


●ハルカス近鉄本店 文化サロン他 講師


●大阪健康福祉短期大学
健福ハルカス大学 講師


声楽を軸に、歌う日々やサンフランシスコ暮らしの懐古をエッセイ風に綴ります。

リンク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ