アメリカとトランプ・ゲーム

ありえへんことが起こり、青天の霹靂のようにトランプさんが大統領に就任して久しい。かもす物議に、我々日本国は固唾を飲んで見守るばかり。そんな中、安倍総理は今夜アメリカへと飛び立つ。

amerikafirst[1]

アメリカ大統領はボイストレーニングを積むと聞く。大衆の心を掴むため、信頼おける「声」で演説を行う必要があるからだ。個人的には、オバマさんやクリントンさんには、人の質やアメリカの良心というものがその響きの中に感じられた。

今回はかなりの辛口だが、「声」に関しては、トランプ大統領にはゲスい印象がつきまとう。「声」が相手に伝える情報とは、言葉の内容が3割、それ以外の響きであったり声色であったり声の表情が7割という説もある。「好き・嫌い」を反対の気持ちで言っても、本心が伝わってしまうあの道理だ。

声の周辺事情は、コミュニケーションの道具として、かくも大きな役割を果たす。音楽も音符や強弱記号の羅列でだけは、人の心が掴めないのと同じだ。トランプさんの演説は、あれだけの票で当選したのだから、人それぞれに思う所はあったのだろう。ここで言うのは、あくまでも「声の響き」に関してのこと。

genentechopening_0_0[1](UCSF)

少し前まで「American Dream」の国で暮らしたと、はばからず言えた。今は、ビジネスライクな政治に翻弄されるアメリカのゆく末を見守るばかり。在住経験を言い淀んでしまいそうだ。

かつての隣人達はどうしているだろう。The University of California, San Francisco (UCSF)で研究生活を送った夫に尋ねると、「彼らは変わらんよ」と答えた。研究者たちは、モクモクとと研究にいそしみ、アメリカの良心という屋台骨を支えているだろう。

imagesPJSFREJ7.jpg

私たち家族が暮らしたのは、カーター大統領の時代で、NYのグランド・ゼロにツインの貿易センタービルもまだあった。かのシュワちゃんもカリフォルニア州知事に就任していない頃の話だ。誰にも親切でフレンドリーだったあの頃が今や、古き良きアメリカになってしまった。ついでに言えば、日本がバブルに沸いた時代だが、私たち家族は「バブル」を知らない。

アメリカへと居を移す時、搭乗した飛行機の尾翼の後部座席には、移民の一団が一種独特な雰囲気で載っていた。到着したサンフランシスコ空港で、彼らはパスポートの検閲に非常に手間取った。あの人たちも広大な国土に散らばっていったのだろう。

images5QVK9317.jpg

アメリカ人は日本のように戸籍を持たず、個人主義だ。例えば、「notice!」という言葉をよく見かけた。日本人の自分が意訳すれば、「お知らせしたで!もう言うたから、あとはもう知らんでぇ」というようなカンジだろうか。住み始めれば、自己の責任がものをいう、適度に放っとかれることの心地良い、豊かな夢の国だった。自分の手柄では決してないのだが、この地に准教授という地位を得て研究する夫のおかげで、すぐ夢の国に溶け込めたことは幸いだった。
Notice[1]
アメリカの光と影は、ごくごく身近に当たり前に存在した。通った教会では、医者の奥さんが親切に英会話を教えて下さった。身重だった彼女は出産を済ませて3日で退院し、すぐに「It's my job 」とばかりに、生まれた子を片手に英語指導にきてくれた。密入国していた○子さんとも友達になった。漁船の底に潜んで、日本からこの国に渡ったのだそうだ。教会の一室の居候だ。こんな人たちが人種のるつぼのように混在する…アメリカとは一言で語り尽くせない国だ。

私は時折、この教会の礼拝堂のオルガンをお借りして、静謐な空気の中でレッスンした。広大な国土にあって、このオルガンの前が自分の居場所だと思えた。もちろん家族がいて家庭はある。けれど、自分なりの「Dreams Come True」を少しずつ叶えていった音楽の砦(とりで)は、この楽器の前だった。

7bad9e4d5462822843cfcd54fc4a3df2[1]

これからも、フロンティア・スピリットを内在するアメリカの良心が生き続けますように…。
プロフィール

Diva

Author:Diva
中野陽子

声楽家 ソプラノ歌手
声楽の健康科学 研究者


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・山田耕筰の孫弟子
・声楽の恩師は
 109才まで現役指導を
 貫いた(故)嘉納愛子氏


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院(4年制音大)
にて研鑽を積む


ハルカス・サロン講師


大阪健康福祉短期大学
アバンスペース
健福興隆ハルカス大学
講座 講師

リンク
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ