迎賓館

太閤園での演奏がもうすぐです。毎年この迎賓館で、歌わせて頂けることに感謝しています。夏真っ盛りの暑い暑い季節ですが、古き良き時代の香漂う館の雰囲気に魅かれ、今年も出演を重ねます。ヒンヤリ冷えたクール・スポットの館内で、節電の夏、仲間と一緒の涼しくて楽しい音楽のひとときです。

演目は「踊り明かそう」他。ミュージカルを、軽やかなスウィング調のリズムにのせて歌います。オードリー・ペプバーンの主演で映画にもなったマイ・フェア・レディーの一曲です。

この迎賓館ホールは、明治末期から大正年間に開かれた舞踏会の様子をほうふつとさせます。その夜会の絵に溶け込むように、今回も髪は夜会巻き。ドレスは、今まで着る機会のなかった、真夏のヒマワリの黄色で臨みましょう。

*・・・∮・・・*・・・*・・・∮・・・*・・・*・・・∮・・・*

ところで!! あ~ また、ドレスを奥から引っ張り出してこなくては…! これが結構な力仕事なんです。コスチュームを昨夏、汗だくで大整理したからスムーズに出せるとは思うけれど、体の方はドレスに入るかなあ。

…で、整頓したかいあって、収納場所から黄色のヒマワリのドレスは難なく出せて準備万端ラクラク楽勝。勇んでファスナーを上げると、ん? ちょっと息が吸いにくい… ( ̄▽ ̄;)!! ア~ッ ヤバッ。でも少しの手直しで何とかクリアできそうです。当日まで、ドレスは広げて飾りっぱなしで「踊り明かそう」気分を鼓舞します。カラフルな黄色に気分はルンルンです♪ 

*・・・∮・・・*・・・*・・・∮・・・*・・・*・・・∮・・・*

さて、この太閤園。歴史は明治末期にさかのぼります。藤田男爵が、淀川に面した一帯に、中・東・西の3つの邸宅を築造しました。東邸は戦禍をくぐりぬけ、以来、国際的社交の国賓や文化人をお招きする迎賓館となり今日に至ります。

また、この本邸に対する東京別邸は、椿山荘になりました。婦人雑誌のグラビアページに掲載されているフォーシーズンズホテル椿山荘。泊ってみたいな…でも敷居高そう…と思っていました。けれど、敷居高いどころか、毎夏、本家本元で演奏の機会を持っていたのでした。思い切り「灯台もと暗し」すでにご縁があったとは嬉しいことです。

演奏に客人を招く身であれば、なおさらに嬉しくって。古き良き日の夜会の女主人を追体験しています。大正浪漫の時代の さざめき さえ聞こえるクラシカル・モダンな館には、今も、歌に遊ぶ時間が優雅に流れます。

♪~・~♪~・~♪~・ ミニ レッスン ・~♪~・~♪~・~♪

昨年はここで、ひとつの夢の種を蒔きました。去年の夢は今年は現実です。夢ってこの世に形はありません。けれど、夢の実現は、ピースに分けると小さな行動の積み重ねです。ステップをいくつもいくつも踏んでゆくと、いつか夢が形になってきます。

楽譜も同じ。一曲を仕上げるには、小さな音符の音取から始めます。音をつないでフレーズになったら、どんな表現をしたいか考えます。フレーズをつないで全体の構成がつかめたら、曲に解釈を加えます。一曲が完成したら、社会へのアプローチも、そろそろ描き始めます。音楽は、社会にどんな貢献ができるでしょう…。

ピンチやアクシデントは必ず誰にも訪れるもの…。
『夢の翼を休めるな』とは、熊井明子さんのエッセイにあった宝石のような言葉です。
プロフィール

Diva

Author:Diva
中野陽子

声楽家 ソプラノ歌手
声楽の健康科学 研究者


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・山田耕筰の孫弟子
・声楽の恩師は
 109才まで現役指導を
 貫いた(故)嘉納愛子氏


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院(4年制音大)
にて研鑽を積む


ハルカス・サロン講師


大阪健康福祉短期大学
アバンスペース
健福興隆ハルカス大学
講座 講師

リンク
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ