錦秋の京都

 お招き頂いて京都の能楽堂へ。いつもはサロン指導で駆け抜ける京都。こんな機会でないとゆっくり見て回れない。プライベートの秋の小旅行気分でうかがった。

 おけいはん(京阪電車)に揺られ、出町柳で降りる。鴨川を渡り、同志社を通り過ぎる。昔と変わらぬ学生の姿、なんだか懐かしい。さすが「学生の街」京都だ。変わらないことが驚きだった。

spbn1_3639-1444181194-23518[1]

 私は「三無主義」と呼ばれた世代だ。男の子たちが髪を伸ばし、学生運動も下火になり、「無気力・無関心・無感動」の三無主義の冷めた目で世の中を見ていた時代の若者だ。だから、今の若い子たちにはあんまり温度差を感じない。

 昔、音大生だった頃、授業が休講になると、大阪音大の親友とよく京都まで遠征してきて遊んだ。自分の学校の授業をエスケープして、京都で遊ぶか、モグリで大音(ダイオン)の授業に出るか、どちらかだった。

images[6]

 同志社を過ぎると、同じ並びに同志社女子大があった。京都御所の真ん前の、こんなところで学生時代を送ったら、さぞかし音楽の感性は深まるだろうなあ。中之島のビジネス街にキャンパスがあった私は、羨ましくてしようがない。

 京都の空気に包まれて歩くこと、もう十分弱。京都御所のそばに、目指す能楽堂が見えてきた。お能を楽しませて頂いた。「能楽」は日本のオペラだと、かねがね思っていた。和のスペクタクルな芝居というと、歌舞伎にはしる人は多い。私はなぜだか、だんぜん「お能」だ。庭も落ち着いた雰囲気をたたえ、心もしんと鎮まり、一服のコーヒーが美味しかった。

imagesT61T828O.jpg

 父が少しだけ「能」をたしなんでいた。いつも手に本をもっていてるくらいの読書家で、歴史ものを好み、戦国の武将のたしなみとして「能」が舞われたということから、趣味に「能」をもっていたのだ。だから、私の能への興味は、その影響が明白だ。その父は京都で学生時代を送った。

 私にとっての京都はやっぱり、住むところではなく、学生時代の若い一時期を通り過ぎる街だ。エトランゼとしての意識が常にある。近くて遠いけれど、舞い戻ってくる…そんな街だ。
プロフィール

Diva

Author:Diva
中野陽子

声楽家 ソプラノ歌手
声楽の健康科学 研究者


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・山田耕筰の孫弟子
・声楽の恩師は
 109才まで現役指導を
 貫いた(故)嘉納愛子氏


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院(4年制音大)
にて研鑽を積む


ハルカス・サロン講師


大阪健康福祉短期大学
アバンスペース
健福興隆ハルカス大学
講座 講師

リンク
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ