Halloween

10月になると装いをハロウィンカラーでまとめる。黒い服にパンプキン色の小型リュックが定番。アメリカ暮らしの頃から続く習慣だ。ナーサリーやプレスクールでは「I'm a little Jack'O'Lantern …♪」と、息子たちが可愛い声でハロウィンソングを歌っていた。

images[3]

Jack'O'Lanternとはカボチャのお化けランタン(提灯)。この時期、シスコの街を、車で郊外へ繰り出すと、広大な畑には子供の背丈くらいのでっかいかパンプキンが転がっていた。清貧なアパートメントの我が家で、子どもたちとパンプキンをくり抜いてJack'O'Lantern(ジャコランタン)を作ったっけ。

帰国直後はハロウィンを知る人は僅かで、秘かにこの行事を楽しんでいた。息子たちが学校や園で作った魔女やオバケの作品をディスプレイしたり、ナーサリー・ソングを歌ったり。今や、2016年の日本は、商業ベースにのっとった外国の行事が溢れている。

images[4]

現地の教会で英会話教室のお世話をして下さった牧師夫人によれば、「やがてやってくる冬将軍を、お化けの恰好をして追い払うのよ!」ということだ。古代ケルトの儀式に端を発したなど諸説はあるが。

教会と言えば、「小さな可愛いチャペル」での音楽会。秋も深まりゆく季節にシーズンを迎え準備に余念がない。歌で幸せを届け、逆にお客さま方から頂く満ち足りた気分が積み重なる頃、例年のように私にとっての本物の冬が到来する。
プロフィール

Diva

Author:Diva
中野陽子

声楽家 ソプラノ歌手
山田耕筰の孫弟子
声楽の健康科学 研究者


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・109才まで現役指導者
 故 嘉納愛子氏に師事


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院[4年制音大]
にて研鑽を積む


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


ハルカスを拠点として、マスメディア・デパート・大学関連講座の講師をつとめています


●読売新聞大阪本社・讀賣TVを運営母体とする文化センター講師


●ハルカス近鉄本店 文化サロン他 講師


●大阪健康福祉短期大学
健福ハルカス大学 講師


声楽を軸に、歌う日々やサンフランシスコ暮らしの懐古をエッセイ風に綴ります。

リンク
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ