架け橋

ルーフテラス(天空庭)から望む大きな吊り橋…潮風が吹きわたる。「バーベキューに来てね」と新しい家で住み始めた若夫婦からお誘いを受けた。ベイビーちゃんをあやすとお日様のようにニコニコと笑顔をみせる 青空の下、野菜・海老・ホタテ・お肉に舌鼓を打った。


akashi00[1] (海峡にかかる大橋)


昔々も大きな大きな吊り橋が生活に溶け込んでいた。橋のてっぺんが窓から見えるアパートメントに暮らした頃、私は若いママだった。海からの風に吹かれながらベビーカーを押して街を散策した。ゴールデンゲートブリッジを臨む街、霧と坂の街サンフランシスコ。下の子がベイビー、上はいわゆる「キッズ」と称される年代で、子育て真っ最中の頃のことだ。


ゴールデンゲートパークでは、色とりどりの風船が飾られた木陰で、陽気なアメリカ人がバーベキューを目いっぱい楽しんでいた。日本にこの習慣がまだ流入しておらず、野外遊びに新鮮な刺激を受けた。あの時ベイビーだった息子は、今やすっかりたくましく成長し、日本の潮風を受け、バーベキューのトングを持つ手もかいがいしい。ホスト役を務めて食事をサーヴしてくれた。


top_m[1] (金門橋)


話は突然変わるが、このたび、初めての試みとなる『ワークショップ&コンサート』をお引き受けした。府下全域のガールスカウト大会が催される。連盟よりの依頼で、国立青少年教育振興機構こども夢基金の主旨に沿い「文化・芸術活動による交流体験」を目的とした音楽活動を行なう訳だ。


楽器をテーマとしたワークショップとなると、一人の力ではいかんともしがたい。音楽家に協力をお願いした。皆さん、たいせつな宝物であろうに、楽器提供をこころよく申し出て下さった。「ショルキー」「ハンドメイドのウクレレ」「ハープ」etc.…これをもとに協力の輪も広がった。特にみかん先生の心意気には感謝である。

暮らしたサンフランシスコ界隈は、UCSFに務める医者や研究者とその家族が世界中から集まっていた。アメリカはボランティア精神があふれんばかり。みな率先して、自分の専門分野を社会に差し出した。私も、長男の通うサンフランシスコ市立クラレンドン小学校で音楽participation[参加・関与]をかって出た


初めての試みであるワークショップだが、サンフランシスコ市立クラレンドン小学校の音楽participationや、かつて勤めた公立学校での音楽教師など、ドンチャカ楽器をやった経験は山盛りある。今回の音楽活動が、次世代を担う子供たちを育成し、音楽を愛する大人たちの善意の架け橋となりますよう

プロフィール

Diva

Author:Diva
中野陽子

声楽家 ソプラノ歌手
声楽の健康科学 研究者


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・山田耕筰の孫弟子
・声楽の恩師は
 109才まで現役指導を
 貫いた(故)嘉納愛子氏


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院(4年制音大)
にて研鑽を積む


ハルカス・サロン講師


大阪健康福祉短期大学
アバンスペース
健福興隆ハルカス大学
講座 講師

リンク
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ