O mio babbino caro

イタリアはフィレンツェを舞台にくり広げられる喜歌劇、プッチーニ作曲のジャンニスキッキ。ロウレッタは父に結婚の許しを請い、歌います。有名なアリエッタ『ああ、愛しいお父様』

O mio babbino caro,
mi piace è bello, bello;
vo'andare in Porta Rossa
a comperar l'anello!

結婚指輪を買いに、ポルタ・ロッサの街へ行きますわ。もし結婚を許して下さらなければ、アルノ川に身投げてしてしまいます。だから、愛しいお父様、お願い。

歌物語の舞台はフィレンツェ。オペラ紀行でこの街を旅し、花の寺院や家紋も重厚なメディチ家を、くるりとめぐりました。ベッキオ橋にたたずめば、アルノ川に身投げすると歌う場面が、よりリアル。屋根付きのポンテ・ベッキオには金細工のお店が並んでいて、結婚指輪を買いに来るロウレッタの姿が見えるようでした。

さてさて、結婚式の披露宴で母手作りのウェディングドレスで、この曲を歌った私。ムカシ ムカ~シのお話です゚。(*^▽^*)ゞ テヘヘ

その頃お歌を習いに、ホームレッスンに来ていた女の子を、披露宴に招待しました。彼女は声楽の道に進み、関西二期会のオペラ歌手へ。そして結婚の披露宴に私を招き「O mio babbino caro」を歌ったのでした。女の子は、お歌の先生のウェディング姿に、幼い日々の夢をふくらませたのでしょう。とても嬉しく思います。

ソプラノなら入門編とも言える、この小さな愛らしいアリア…
イタリアの空気と街の息吹、そして結婚への思いを伝えてくれます。

♪~・~♪~・~♪~・ ミニ レッスン ・~♪~・~♪~・~♪

アリアの語源は「空気」。歌声の伝わる「空間」といった意味合い。アリエッタは「小さなアリア」という意味です。ホールに満ちる音楽は演奏者のだいご味です。常に広い空間をイメージして歌います。

マリア・カラスが「O mio babbino caro」を歌っています。

結婚前の娘さんの役柄にしては、可憐な歌声ではありません。キレイだけれど記憶にとどまらない歌唱と、心揺さぶられる歌唱というものがありますが、やはりカラスはカラスです。その強烈な個性で見事、ロウレッタの結婚への心情を歌いあげました。

どちらかといえば、悪声と称されたカラス…。その歌声が、ホールのすみずみに満ち満ちた時、彼女は「伝説の歌姫」となりました。
プロフィール

Diva

Author:Diva
中野陽子

声楽家 ソプラノ歌手
山田耕筰の孫弟子
声楽の健康科学 研究者


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・109才まで現役指導者
 故 嘉納愛子氏に師事


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院[4年制音大]
にて研鑽を積む


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


ハルカスを拠点として、マスメディア・デパート・大学関連講座の講師をつとめています


●読売新聞大阪本社・讀賣TVを運営母体とする文化センター講師


●ハルカス近鉄本店 文化サロン他 講師


●大阪健康福祉短期大学
健福ハルカス大学 講師


声楽を軸に、歌う日々やサンフランシスコ暮らしの懐古をエッセイ風に綴ります。

リンク
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ