満員御礼

。:+* ゚ ゜゚ *+:。。:+* ゚ ゜゚ *+:。。:+* ゚ ゜゚ *+:。 


郵便名柄館のテガミカフェが初めて迎えたクリスマス、
コンサートにお越し下さいました皆様方、ありがとうございました。


お客様は、トナカイさんに出迎えられお席に…。
郵便局らしく「切手のない贈り物」がオープニング曲でした。
雨が雪に変わるといいなというような小雨模様、
「ホワイトクリスマス」の曲では、雪がちらついてほしかったなあ。
静寂の夜空を思わせる「さやかに星はきらめき」も歌いました。


12391951_530749580422083_8486474028585406188_n[1] (写真は郵便名柄館のFBから)


「ママがサンタにキッスした」を歌い終わるころには、
お約束のサンタさん登場。
R子ちゃんがサンタ・エプロン姿も可愛いく、
プレゼントの演出をして下さいました。

20151223 (2) (写真はT氏より)


ティータイムでは、お客さま方はおしゃべりに花を咲かせ、
お茶とお菓子を楽しんでおられました。
机に飾られたポインセチアはR子ちゃんの手作りだそう。


二部では、郵便局にぴったりの
「手紙の二重唱」(モーツァルト作曲)を歌いました。
「ヤギさん郵便」は、会場とご一緒に。
お客様も「白ヤギさんからお手紙着いた♪」と歌って下さいました、
一緒に楽しんで下さった皆さま方に心より感謝いたします。


10256123_531985423631832_194663087772861274_n[1] (上記FBより。写真の日付は誤りだそうです)


終了後は、カフェを運営するスタッフの方々と
ほっと一息、お茶をいただきました。
るりこさんが焼いたお菓子は、一口、口に含めば
「ホントのお菓子ってこんな味だったんだ!」と優しさを感じます。
運営スタッフのお一人、片上醤油の奥様は、
意外と近い親戚と知って驚いたのなんの


今まで長く演奏会を続けてきたけれど、
こんなに充足感を覚えたコンサートはありません。
廃屋に近いこの洋風建築物の
リノベーションや企画立案会議から関わっていました。
内閣官房参与の堺屋太一さんもご実家がお隣なので
この郵便局再生に力を入れられました。


images[1]


時を再び刻み始めた郵便館に合わせて
「大きな古時計」を歌う時は感慨深かった。
歴史と愛着と思いがこもった会場での演奏は格別でした。


スタッフの方々の志が夢を現実のものにして、
今のステキな郵便館があります。
また、修士論文の追い込みの中で迎えるコンサートという
特別な状況でもありました。
共演するプレイヤーたちの協力があってこそ…。
FBに当日の様子をアップして下さってます。
 郵便名柄館 (FBの左欄に当日の写真が沢山あります) 


秋に大阪クラシックでお知り合いになって
ブログつながりになった有閑Namiちゃんが来訪され、
リポートして下さってます。
Namiちゃん、リンクさせていただきましたよ~♪
よりリアルな様子が伝わるのでこちらをご覧下さいませ!
 くーみるかん徒然


こちらのHPではテガミ・カフェが紹介されています。
ステキなカフェなので、ぜひ訪れてあげてね 
 奈良に住んでみました


プロフィール

Diva

Author:Diva
声楽家 ソプラノ歌手
健康科学(歌唱)研究者


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・山田耕筰の孫弟子
・声楽の恩師は
 109才まで現役指導を
 貫いた(故)嘉納愛子氏


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院(4年制音大)
にて研鑽を積む


ハルカス・サロン講師


大阪健康福祉短期大学
アバンスペース
健福興隆ハルカス大学
講座 講師


♪******♪******♪


声楽とは
歌声を楽しむこと

花束の香りを
かぐように息を吸い
花びらの音符を
ちりばめて
歌いましょう♪

クラシック歌唱は
心身を健やかに導く…
そんな研究を
アカデミックに
発信しています

かつて暮らした街
サンフランシスコの
思い出とともに、
歌が紡ぐ日々の暮らしを
エッセイ風に綴ります

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ