お正月迎え:南天の花

サンタの切手の貼られた郵便が届きました。
先日の山田耕筰コンサートでお声をかけてくれたGoさまから。
彼女は、以前、奈良のサロンに通って下さっていた方です。

封書の中身は、なんとも貴重、
長崎の永井隆記念館から送ってもらったという
山田耕筰作曲「南天の花」の楽譜でした…  

201512172358.jpg

貴重な楽譜は言うにあらず、さらに嬉しかったのは、
お正月迎えとしてのお心づかいからか、
冬の「南天の花」を題名とした楽譜だったこと…。
添えられた便箋には心のこもった文章がありました。
きっと、ご自分で描かれた絵なのでしょう、
椿の花の便せんに便りがしたためられていたのでした。
オペラの「椿姫」の胸をいつも飾っていた花です。

201512180000.jpg

南天は「難を転じて福となす」縁起の良い植物です。
舞い込んだお便りが、幸先良い新年を祝福してくれて、
心があったかくなりました。

過去記事にも「南天」の出てくるシーンをアップしてました。
何年か前の年の瀬に、葛城古道を訪れた時のものです。
 葛城古道
この葛城古道沿いの郵便館で行うクリスマスコンサートももうすぐ。

先日のレッスンは堺の港のすぐそばでした。
東に目をやると、金剛葛城の山並みが望めます。

最上階からは、西に明石大橋も遥かに望めます。
冬の海は素敵です。真冬にカモメが飛来してくるんです。

F1000179.jpg

お正月迎えの「南天の花:作曲 山田耕筰」」の貴重な楽譜、
Goさま、ホントにありがとう♪
プロフィール

Diva

Author:Diva
声楽家 ソプラノ歌手
声楽の健康科学 研究者


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・山田耕筰の孫弟子
・声楽の恩師は
 109才まで現役指導を
 貫いた(故)嘉納愛子氏


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院(4年制音大)
にて研鑽を積む


ハルカス・サロン講師


大阪健康福祉短期大学
アバンスペース
健福興隆ハルカス大学
講座 講師


♪******♪******♪


声楽とは
歌声を楽しむこと

花束の香りを
かぐように息を吸い
花びらの音符を
ちりばめて
歌いましょう♪

クラシック歌唱は
心身を健やかに導く…
そんな研究を
アカデミックに
発信しています

かつて暮らした街
サンフランシスコの
思い出とともに、
歌が紡ぐ日々の暮らしを
エッセイ風に綴ります

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ