郵便館のクリスマス・コンサート

12145091_886635518052748_692126796_n[1] imagesCDB7GD85.jpg


神々の降る里、おとぎ話に出てくるような
田舎のかわいい郵便局、
郵便博物館にリノベされたレトロな洋館が
今年初めてのクリスマスを迎えます。
併設のテガミ・カフェ
クリスマスコンサートを企画して下さいました。


12月23日、郵便名柄館は
「音聴(おとぎ)の玉手箱」のような音楽の贈り物でいっぱいに。
音楽配達人の奏でるキャロルの調べは
メロディーが紡ぐクリスマスカードのよう…。
焼き菓子と飲み物とともにコンサートをお楽しみ下さいね。
詳細は、下の写真のトナカイさんをクリックすると
チラシが拡大するので日時や申し込みをご覧下さい。


IMGP0796.jpg

~ プログラム ~
「手紙の二重唱」モーツァルト・オペラより
切手のない贈り物
ヤギさん郵便
ホワイトクリスマス・オーホーリーナイト・
楽しいウィンターワンダーランド他
ちっちゃなミニハープの調べもありますよ・。・。・♪



コンサートの頃には館の造園も完成するとか、
金剛山系を借景としたステキなお庭も楽しめそうですよ。


この洋館で昔、母方の祖父が郵便局長さんをしていました。
おじいさんの面影とともに もう一曲、
「大きな古時計」を歌おうかなと思っています。
郵便館&テガミ・カフェを運営するスタッフの方々、
いつも本当にありがとうございます。


祖父母の記憶といえばもうひとつ、
父方の祖母の高等女学校時代の卒業記念アルバムを
京都市学校歴史博物館に収めたお話を
以前アップしたことがありました。
あれから、祖母の面影を求めて、叔母や従妹たちが、
乙女時代のおばあちゃんに会いに行ったそうです。
祖母をよく知る叔母の話は、学校歴史博物館にとっても、
貴重だったことでしょう。


IMGP0791.jpg (従妹から届いた花かご❀クリックで拡大します)


この京都への道ゆきを叔母も従妹もとっても喜んでくれて、
従妹からかわいい花カゴが届いたんです。
いくつになっても嬉しい、
おじいちゃんやおばあちゃんからの便りが続きます

プロフィール

Diva

Author:Diva
中野陽子

声楽家 ソプラノ歌手
山田耕筰の孫弟子
声楽の健康科学 研究者


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・109才まで現役指導者
 故 嘉納愛子氏に師事


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院[4年制音大]
にて研鑽を積む


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


ハルカスを拠点として、マスメディア・デパート・大学関連講座の講師をつとめています


●読売新聞大阪本社・讀賣TVを運営母体とする文化センター講師


●ハルカス近鉄本店 文化サロン他 講師


●大阪健康福祉短期大学
健福ハルカス大学 講師


声楽を軸に、歌う日々やサンフランシスコ暮らしの懐古をエッセイ風に綴ります。

リンク
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ