全身全霊…魂の演奏♪

7月も下旬に入りましたが、院は月末まで授業です。音楽は、教授が「 7月の最終日も開講します 」と言って下さいました。大学生時代は休講が嬉しかったけど、社院生は吸収し変化できることが楽しい。どんな時も授業や研究にイソイソ出かけます♪
24807183-ゴールド音部記号と楽譜[1]5110381-370x370[1]24807183-ゴールド音部記号と楽譜[1]


先日の台風の日もイソイソ出かけ、みな事情で遅れて、たった一人で授業が始まりました。ほとんど個人レッスン状態です。チェリストの天才肌の教授に、歌劇トスカのアリア「歌に生き愛に生き」を聴いて頂くという光栄に浴しました。


チェリストのレッスンは、声楽家とは全く違う視点からのものです。声楽は身の内から発声しますが、チェロの演奏同様、体を楽器として外側から冷静にとらえ発声します。


「歌に生き愛に生き」のイタリア語「Vissi d'arte, vissi d'amore 」を、チェロの響きが空間を満たすイメージで発声して歌いました。
オペラの詠唱・アリアとはAria、英語ではAir。つまり空気の振動が空間を満たす意味なのです。声楽とは音の作り方が異なる感覚の貴重なレッスン…雨の日もまた楽し♪でした。


24807183-ゴールド音部記号と楽譜[1]32529338-classical-music-concept-piano-and-cello[1]24807183-ゴールド音部記号と楽譜[1]


台風の翌々日、ミレニアムホールでコンサートがあり、チェロの大木教授とピアノの田中名誉教授が演奏されました。あの台風の日の授業で「ショパンはピアノの詩人と言われますが、曲に取り組んで本当の意味がわかりました」と教授がお話しされたように、音が綴る無数の組合せが、音楽の言葉として会場を満たしました。


会場を満たす響きはレッスンの時のイメージをさらに超え、チェロとピアノ奏者が全身全霊で紡ぎだす「音楽の詩」となりました。みなが魂を奪われてしまいました。ピアノはベヒシュタイン、音で詩を紡ぐ楽器です。
24807183-ゴールド音部記号と楽譜[1]5110381-370x370[1]24807183-ゴールド音部記号と楽譜[1]


この日の午前中は堀教授の「生涯学習」の研究会に参加させて頂き、年齢を重ねた先にある学習は、精神と身体の融合であることを知ったばかりでした。ピアノ・レッスンもそうだとおっしゃって、堀教授は「魂」という言葉も口にされたのでした。

 

ここ数日で出会ったことが、ひとつの大きな流れになりました。身体を楽器にして精神で奏でる声楽、心身融合する生涯教育の未来、渾身のチェロとピアノの魂の演奏…これらが大河のように、ひとつに集約されました。


折しも前期末…健康科学の体育文化の授業では、レポート提出と発表をひかえています。バレエがご専門の千住教授はよく「心身合一」という概念を口にされます。常日頃 考え続けた、身体を楽器とする「声楽」の心と体の使い方をまとめようと思います。

プロフィール

Diva

Author:Diva
中野陽子

声楽家 ソプラノ歌手
山田耕筰の孫弟子
声楽の健康科学 研究者


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・109才まで現役指導者
 故 嘉納愛子氏に師事


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院[4年制音大]
にて研鑽を積む


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


ハルカスを拠点として、マスメディア・デパート・大学関連講座の講師をつとめています


●読売新聞大阪本社・讀賣TVを運営母体とする文化センター講師


●ハルカス近鉄本店 文化サロン他 講師


●大阪健康福祉短期大学
健福ハルカス大学 講師


声楽を軸に、歌う日々やサンフランシスコ暮らしの懐古をエッセイ風に綴ります。

リンク
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ