声楽レッスン

京都でレッスン、ドイツの香りが漂うようなひとときになった。


前々から「ドイツ語の歌詞を」というリクエストがあり、
『春への憧れ』(Sehnsucht nach dem Frühling)を選んだ。
モーツァルト作曲で、五月の歌という題名で知られる。


楽しや五月 草木は萌え
小川の岸に すみれにおう
やさしき花を 見つつ行けば
心もかろし そぞろあるき



日本語ではこんな春の心楽しい心模様を歌う。
リクエストされた方は、ドイツ語に堪能なご様子。
歌詞を原語で読んで頂くと、ドイツの空気がふわっと漂った。
お聞きすると、フランクフルトに住んでいたとおっしゃる。
m870_6[1]
五月の香り漂う歌声はこちら→♪♪♪


Komm, lieber Mai, und mache
die Bäume wieder grün,
und laß mir an dem Bache
die kleinen Veilchen blüh'n!
Wie möcht' ich doch so gerne
ein Veilchen wieder seh'n!
Ach, lieber Mai, wie gerne
einmal spazieren geh'n!



歌詞の最後を読みながらその方は、
「spazieren geh'n」は「散歩」の意味だと
ネイティヴに近い発音で伝えて下さった。
日本語では「そぞろ歩き」と意訳されていてステキだ。

imagesEK8HAC0P.jpg

今回は発音は彼女におまかせして、ボイストレーニングに専念した。
歌って声が思うように出ると楽しい。
(参考までに素晴らしいレッスンをひとつ→♪♪♪)


ドイツ歌曲に取り組まれた皆さん、五月近い晴れた空の下、
『春への憧れ』(Sehnsucht nach dem Frühling)を口ずさみつつ
足取りも軽くお散歩して下さるだろうか。
そういえば、遥か昔…サンフランシスコで
私たち家族が暮らしの第一歩を踏み出したのもこの季節。
歌詞のように、花も木々も一斉に芽吹き、空は底抜けに青かった。

プロフィール

Diva

Author:Diva
声楽家 ソプラノ歌手
健康科学(歌唱)研究者


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・山田耕筰の孫弟子
・声楽の恩師は
 109才まで現役指導を
 貫いた(故)嘉納愛子氏


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院(4年制音大)
にて研鑽を積む


ハルカス・サロン講師


大阪健康福祉短期大学
アバンスペース
健福興隆ハルカス大学
講座 講師


♪******♪******♪


声楽とは
歌声を楽しむこと

花束の香りを
かぐように息を吸い
花びらの音符を
ちりばめて
歌いましょう♪

クラシック歌唱は
心身を健やかに導く…
そんな研究を
アカデミックに
発信しています

かつて暮らした街
サンフランシスコの
思い出とともに、
歌が紡ぐ日々の暮らしを
エッセイ風に綴ります

リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ