コンサート∮メモリアル

近年の演奏記録の写真の一部です。最近、重要文化財や神社など歴史的建築物で歌う機会が多く、超近代のハルカスビルでは季節と自然が感じられるコンサートを継続中。


t02200123_0800044713034724593[1] 迎賓館 元男爵邸「太閤園」


大正浪漫の残り香漂う迎賓館。その昔、紳士淑女が舞踏会や夜会に集った大広間のような舞台…貴婦人気分で歌いました。


p01[1] ハルカス 祝オープン


一年前の今頃、ハルカスが開業しました。開幕で演奏会をしたいと夢を抱いていました。地道に紡いだ一音一音が、ハルカスのてっぺんにまで積み重なった頃、夢見たシチェーションで願いが叶いました。


 t02200165_0800059912882501455[1] ハルカス 祝オープン


フラッシュモブ♪「 パッヘルベルのカノン 」三重唱を、百花繚乱のフロアで突然歌い出しました。もちろん担当者に了承は得ています。高級なフロアでこんなサプライズが許されるなんて、従来の百貨店の意識が大きく変革を遂げたと感じた瞬間です。時代は変わりました。


p02[1] ハルカスMACHI STATION


ハルカスはビルの中にできたひとつの町。企業・コンビニ・保育園・大学・美術館etc.… およそ必要な機能は何でも備えている町です。この街かどで季節の曲を歌い、都会に自然を運ぶコンサート継続中。


IMGP0570.jpg  !cid_2452704C-B2B1-4132-8E66-D1CBC076463A.jpg 

京都府:重要文化財「伊佐家」ご当主・琵琶奏者とともに
奈良県:延喜式神名帳記載 「長柄神社」

(写真をクリックすると拡大します)


パワースポットの土地や旧い歴史建築物で歌うのが、最近は心地よくなってきました。もちろんホールも大歓迎なのですが、こんな場で歌うと、演奏中に何らかのギフトが心に飛び込んでくるのです。一陣の涼風、こぼれる木もれ陽、そして何より大自然に憩う聴衆の穏やかな笑顔…。場の環境に溶け込み奏でられる音楽は、演奏する側にとってもお客様方にとっても、最高に贅沢なリラクゼーションと言えます。


中野陽子2

奈良県:古墳時代の「豪族居館遺跡」で『はならあと演奏会』

フェスティバルホールより、オーケストラ共演より、出演させて頂くことが嬉しかった暮れなずむ村里のコンサート。太古のルーツに引き寄せられたかのような感覚を抱きました。2017年に世界遺産登録を目指す仁徳天皇陵古墳の皇后『磐之媛』の故郷(葛城古道)での演奏でした。


F1000044.jpg 

与謝野晶子生誕祭 生家の駿河屋跡近くにて


与謝野晶子倶楽部主宰「与謝野晶子生誕祭」で、堺市長さんを前にご前演奏しました。晶子の母校の後裔として「晶子歌曲」を歌わせて頂く機会が多くあります。隣の袴姿の方は、上方講談の大名跡 旭堂 南陵さん。晶子ゆかりの旧堺市街での演奏でした。


さて、次はどんな演奏会と出会えるでしょうか・。・。・♪

プロフィール

Diva

Author:Diva
中野陽子

声楽家 ソプラノ歌手
山田耕筰の孫弟子
声楽の健康科学 研究者


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・109才まで現役指導者
 故 嘉納愛子氏に師事


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院[4年制音大]
にて研鑽を積む


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


ハルカスを拠点として、マスメディア・デパート・大学関連講座の講師をつとめています


●読売新聞大阪本社・讀賣TVを運営母体とする文化センター講師


●ハルカス近鉄本店 文化サロン他 講師


●大阪健康福祉短期大学
健福ハルカス大学 講師


声楽を軸に、歌う日々やサンフランシスコ暮らしの懐古をエッセイ風に綴ります。

リンク
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ