遥かなり 音楽の道

先ずは、若くフレッシュな音楽家誕生に ふたつの おめでとう♪


音大入試課題のレッスンをしてあげてたお嬢ちゃんが、
音学部音楽療法専攻に合格されました。
コンコーネや日本歌曲をみていました。
音楽一家なので大丈夫とは思っていましたが、ホントによかった!


卒業演奏会が大教大でありました。
タキシード姿も凛々しく「Nessun dorma」を演奏したのは、
かつて過去記事に綴った あの時の青年。
チェロの大木先生の授業で、先生からリクエストされ、
発声をアドヴァイスさせて頂いた彼でした。
卒演での熱唱に「ブラボー♪」です。
帰り際、手を差し出してくれたので固い握手を交わしました。


若い方達のこれからの活躍に心よりのエールをおくります。
音楽人生への船出、遥かな航路は今始まったばかりです。

F1000003_20150211065952fca.jpg F1000006_20150211065953b7f.jpg

次に、音楽人生の業をなし終えた先生、おめでとうございます。


この卒業演奏会で、
ピアノの田中先生は大学勤務最後の演奏をなさいました。
「アヴェマリア」をチェロの大木先生と共演され、
最後の最後の万感の思いこもる音を、鍵盤の上に置かれました。
ご自分で深く納得した思い、そしてまだまだ迷いつつも、
もうこれ以上に極めようもなく磨き抜いた音。
遥かな音楽の道のりの最後を、あんなふうに
有終の美を飾る音で私も終えたい…
そんなことが感じられる音でした。


演奏が終わり、共演のお二人は握手を交わされます。
終了後、ご一緒してたみかんさんは、田中先生とハグしてました。
仕事から解き放たれた先生、本当にお疲れ様でした。


プロフィール

Diva

Author:Diva
中野陽子

声楽家 ソプラノ歌手
山田耕筰の孫弟子
声楽の健康科学 研究者


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・109才まで現役指導者
 故 嘉納愛子氏に師事


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院[4年制音大]
にて研鑽を積む


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


ハルカスを拠点として、マスメディア・デパート・大学関連講座の講師をつとめています


●読売新聞大阪本社・讀賣TVを運営母体とする文化センター講師


●ハルカス近鉄本店 文化サロン他 講師


●大阪健康福祉短期大学
健福ハルカス大学 講師


声楽を軸に、歌う日々やサンフランシスコ暮らしの懐古をエッセイ風に綴ります。

リンク
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ