健やかボイストレーニング

健やかボイストレーニング … ハルカスのおひざ元のサロンの集いのひとつで太陽新館の提供です。メンバーの真澄さんが撮っておられた写真をブログからお借りしました。ありがとうございます

t02200165_0800060013079374875[1] 

グランドピアノの蓋を開けて弦に向かって発声すると、波動を受けて弦が一緒に唸ることに 皆 驚かれらました。目に見えない音が空気を伝って弦が鳴りだすのが一目(耳?)瞭然。

このレッスンは、大教大大学院の授業に由来します。音楽の授業で、ピアノの仕組みをチェリストの教授が説明して下さいました。そこにウチのピアノの調律師さんの哲学と、私の声楽特有の体の響きの感覚を加味して、オリジナルな説明をしたものでした。

おしゃべりも歌声も聴く者にダイレクトに伝わります。生の音楽に包まれると気分が高揚したり癒されるのは、直に体に伝えられるこんな波動のせいもあるのでしょう。美しいメロディーや高度なスキルは、さておいたとしても…。院では教授が、たったひとつの音の色合いや表現を、長時間かけて引き出すレッスンをされたこともありました。

CDやカラオケの電気の音と、木の自然素材の楽器の音では、当然 波動は違います。オペラの「アリア」とは空間、エアー(Air)の意味もあるのですよと伝えたら、皆さん、さらに納得されました。
sgi01a201409292100[1]
レッスン中、豊かな音色に包まれるにつれて、ひとりひとり輝き出しました。それならばと、歌姫気分で独唱してもらうことにしました。グランドピアノの生の伴奏に、みんな大喜び。曲は簡単な「紅葉」でしたが、童謡が立派な日本歌曲になりました。いつもは使えない お部屋がちょうど空いていて、新鮮な時間が楽しかったです。

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

ところで、先述の太陽新館については屋号ですが、現在 限りなくNPOに近い活動をしています。「Non Profit Organization 」の略である「NPO」とは、広義では非営利団体、狭義では非営利での社会貢献活動を行う団体、 最狭義ではこれが法人格を得た団体です。

恩師の同門下の先輩に この活動をしている方がいらっしゃいます。彼女は元教師。退職されフットケアサロンを始めたのは驚きでした。もともと足に悩みを持ち、その改善の方法を個人だけにとどめず、「足育」という社会的な活動に展開されたことが素晴らしい。法人化はまだですが、NPO『健やかな足を守るプロジェクト』を確実に、健康社会の底上げにつなげられています。コンサート活動とも併行の充実ぶりは さすが、洋子先輩!

洋子さんのHPはこちら  ☆☆☆

こんな風に活動を展開するのは、元教師が多いのだとか。組織の中でトレーニングされ、クラスや授業で運営のスキルを身に付けたからでしょうか。私も元教師のはしくれです。そういえば、真澄さんも…。

真澄さんが代表を務める団体のFBはこちら  ☆☆☆ 

私もまた、歌を介してお陽さまみたいな笑顔と笑顔をつなぐパイプのような存在でありたいと願っています。心身健康社会のボトムアップが太陽新館の務めです。

プロフィール

Diva

Author:Diva
声楽家 ソプラノ歌手
健康科学(歌唱)研究者


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・山田耕筰の孫弟子
・声楽の恩師は
 109才まで現役指導を
 貫いた(故)嘉納愛子氏


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院(4年制音大)
にて研鑽を積む


ハルカス・サロン講師


大阪健康福祉短期大学
アバンスペース
健福興隆ハルカス大学
講座 講師


♪******♪******♪


声楽とは
歌声を楽しむこと

花束の香りを
かぐように息を吸い
花びらの音符を
ちりばめて
歌いましょう♪

クラシック歌唱は
心身を健やかに導く…
そんな研究を
アカデミックに
発信しています

かつて暮らした街
サンフランシスコの
思い出とともに、
歌が紡ぐ日々の暮らしを
エッセイ風に綴ります

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ