ギフト ∮ 贈り物

「すみれの花咲く頃」を太閤園で歌うと、
聴きに来られた田中様が、こんなステキな記事にして下さいました。
よろしければ、ごらん下さいませネ! Happiness color HP


演奏中にドレスの胸を飾った菫色のコサージュは、
田中様たちフレッシュクラスからのお誕生日の贈り物。
写真をクリックすると全画面が出てきます。すみれつながりで、
菫の絵柄のカップ&ソーサーと音符のスプーンも載せました。


IMGP0460.jpg


コサージュがお誕生日プレゼントって… ん? 何才??
母校の同窓のコーラス部員たちは今も「18才!」と言い張ります。
なので、私も「18才♪」と調子を合わせておくことにします。
107歳現役指導者嘉納愛子先生のおっしゃるに、70・80は花盛り。
弟子の私達はまだまだ子ども…18才は妥当かと。


写真の菫の絵柄のカップは母のもの。
実家の断捨離をした時「ママ~ ちょうだいね!」と一声、
天国へ告げてから大切に運んできました。


IMGP0459.jpg


太閤園では「ラヴィアン・ローズ」も歌いました。
薔薇つながりで、薔薇の絵柄のカップ&ソーサーを。
浮彫の薔薇模様の白いお皿に到来物のクッキー&パイを添えて、
乙女なお茶時間の始まり始まり~♪
写真をクリックすると全画面が出てきます。


大学院に通い出して忙しくなりすぎた。
楽譜とレポート、レッスンとゼミ、頭と心の切り替えが必要でした。
時間がないので、確実に丁寧に、一つ一つを片付けていきました。
すると、例年の夏休みは楽譜や教材原稿の山と格闘してたのに、
今夏は身の回りの全てがシンプルにスッキリ整理され、
これらのカップでお茶を楽しむ余裕ができた。
これは不思議…。


アップした写真は、薔薇の浮彫の白いお皿以外、全て頂いた物です。
母は常々、物を頂く時「喜び上手」って大切よと申しておりました。
声楽の恩師は、この喜びの表現が実にスマートでいらっしゃった。
音楽を生業(なりわい)にしていると、天からの授かり物のように、
何処からか誰かの愛情をたっぷりのせたギフトが届くのです


プロフィール

Diva

Author:Diva
中野陽子

声楽家 ソプラノ歌手
山田耕筰の孫弟子
声楽の健康科学 研究者


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・109才まで現役指導者
 故 嘉納愛子氏に師事


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院[4年制音大]
にて研鑽を積む


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


ハルカスを拠点として、マスメディア・デパート・大学関連講座の講師をつとめています


●読売新聞大阪本社・讀賣TVを運営母体とする文化センター講師


●ハルカス近鉄本店 文化サロン他 講師


●大阪健康福祉短期大学
健福ハルカス大学 講師


声楽を軸に、歌う日々やサンフランシスコ暮らしの懐古をエッセイ風に綴ります。

リンク
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ