107歳 生きるなら きれいに生きよう!

コンサート案内

 ムジクフェストなら2014 … 奈良の神社で奉納演奏 
    クリックで公式ホームページへ  ♪♪♪  ♪♪♪ 

 ホームコンサート … 和日西美の調べ(わびさびのしらべ)
    5月25日(日) 14:00~ 大浦邸/大阪狭山市 
    参加費 500円
    書道と音楽のコラボレーション[ティータイム付]
    書道パフォーマンスとヴィオリン・ピアノ・ソプラノ演奏
    ※ お宅なのでご興味ある方は直接お声おかけ下さい

。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。

楽譜と音符の世界に生きてきたDIVA (このハンドルネームは厚かましくも歌姫という意味)、毎日、レポートや参考論文のまとめに追われる日々であります。大学院の歓迎会で、どういうワケか、次年度の幹事に決められてしまいました

いきなり幹事をふられるなんて、新入生の自己紹介の時に大学教員・看護師・市役所のお偉方・理学療法士etc.の同輩がスピーチする中、日頃の習性で「オペラ・乾杯の歌」を歌ったのがイケなかったのでしょうか

おまけに、オペラアリアの演奏で音大卒業したこの私、「卒論」さえ書いたことないのに、どういうワケか参考論文発表のトップバッターに指摘されてしまいました。これからしごかれ、科学者のはしくれとして育てて頂くこととあいなりましょう…  ヤメテクレ~!! 

自ら望んだとはいえ、ありえへん人生の展開に、水面下では水かきで水を一生懸命かく毎日。白鳥のようにスイスイと、涼しげにゆこうと心に強く言い聞かせております。自身のバックグラウンドを背負ってやってくる社会人学生、それを指導して下さる教授…大学院とはかくも面白い所であったかと新しい発見の連続です。

我が恩師の嘉納愛子先生は、かつてこちらでも声楽指導をしておられました。先生の後を追い、ここで学ぶことは夢のひとつでした。届かぬ天上の星を覆っていた ガラスの天井 が取り払われると、そこには新しい学びと出会いが待っていました。

。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。

嘉納先生が本を出版されたのは、過去記事に書いたとおりです。「107歳 生きるなら きれいに生きよう!」初版売り切れ、やっと購入できました。内容はじかに聞いたお話ばかりだったけれど、本に初めて触れられた方は、107歳のお話は深かったと…。私達門下生にとって当たり前の日々が、とても贅沢なものであったと知りました。

こちらに、カラーリストの田中先生が感想を書いて下さってます。
♪♪♪ (クリックでとびます)

プロフィール

Diva

Author:Diva
中野陽子

声楽家 ソプラノ歌手
声楽の健康科学 研究者


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・山田耕筰の孫弟子
・声楽の恩師は
 109才まで現役指導を
 貫いた(故)嘉納愛子氏


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院(4年制音大)
にて研鑽を積む


ハルカス・サロン講師


大阪健康福祉短期大学
アバンスペース
健福興隆ハルカス大学
講座 講師

リンク
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ