おにぎり と お花見

 お知らせ  

3/29(土) 10:30  7F街ステーション ジョイント・コンサート
         
(大人のピアノ指導者 三上先生&受講生さんたちと共演でーす♪)

NEWS!! 三上先生こと「みかんぴあの」さんは晴れて大学院を卒業されました。「お気楽ピアノ講座」は、修士論文発表された生涯教育の実践です。これからは、修士(学術)の称号とともに活躍されることでしょう。ジョイントできて光栄だな~  ♪♪♪
                     
                  ~ 観覧:無料 ~
……………………………………………………………………………………

春の陽ざしの中、近くの公園でピクニック。ほんの少し風は冷たい。けれど、青空の下で広げるお弁当は美味しかった。三連休で帰省した息子の提案で出かけました。


「よおし♪ おにぎりにしよう!」ホントに久しぶりです、おにぎりつくるのは…。おむすびとも言うけれど、おにぎりの方が、炊きたてご飯で母やおばあちゃんが作ってくれた味を思い出します。具は大粒の梅干しを使った『カツオ梅』。定番の卵焼きと肉じゃが等を添えて和テイスト。デザートはイチゴやスマイルカットのオレンジです。


IMGP0389.jpg ( ← クリック!一本の木ににピンクと白の花 )


いつもの公園は、世界遺産暫定リスト入りの仁徳陵古墳の前。枝垂れ桜や早咲き種はもう開花し始めましたが、ソメイヨシノのお花見には少し早く、只今 梅が満開。古墳に棲む鶯がホーホケキョと鳴いて、梅の木に遊びに来ます。馥郁(ふくいく)とした香が漂います。


IMGP0383.jpg ( ← ひとつが紅白にそめ分けられた花 )


お花見は、奈良時代の貴族の行事が起源だそうです。その頃の花見と言えば、中国から伝わった梅の鑑賞で、『桜』になったのは平安時代から。梅のお花見は貴族の遊びだったのですね。


少し足をのばして駅前までウォーキングすると、この周辺で一番早い満開の桜に出会えます。あと一週間もすれば、お花見シーズン…このJR百舌鳥駅も、古墳の花見客で賑わうことでしょう。


F1000017_20140323151021f31.jpg ( ← 幻想的な夜桜 )


夜桜が風流です。先日、奈良・京都のサロンから帰って来たら、駅で桜が夜空に浮かび上がり出迎えてくれました。音大生の頃の日本歌曲を思い出します。さくら横ちょう… 中田喜直さん作曲で、春の宵に咲き誇る桜の情景が歌われます。


「さくら横ちょう」~❀ ~❀ ~❀ ~❀ ~❀ ~❀ ~❀ 

春の宵 さくらが咲くと

花ばかり さくら横ちょう


想い出す 恋の昨日

君はもう ここにいないと


ああ いつもはなの女王

微笑んだ夢のふるさと


春の宵 桜が咲くと

花ばかり さくら横ちょう


会い見るの時はなかろう

「その後どう」「 しばらくね」

と言ったってはぢまらないと

心得て 花でもみよう


春の宵 桜が咲くと

花ばかり さくら横ちょう ~❀ ~❀ ~❀ ~❀ ~❀ ~❀
 

プロフィール

Diva

Author:Diva
声楽家 ソプラノ歌手
声楽の健康科学 研究者


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・山田耕筰の孫弟子
・声楽の恩師は
 109才まで現役指導を
 貫いた(故)嘉納愛子氏


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院(4年制音大)
にて研鑽を積む


ハルカス・サロン講師


大阪健康福祉短期大学
アバンスペース
健福興隆ハルカス大学
講座 講師


♪******♪******♪


声楽とは
歌声を楽しむこと

花束の香りを
かぐように息を吸い
花びらの音符を
ちりばめて
歌いましょう♪

クラシック歌唱は
心身を健やかに導く…
そんな研究を
アカデミックに
発信しています

かつて暮らした街
サンフランシスコの
思い出とともに、
歌が紡ぐ日々の暮らしを
エッセイ風に綴ります

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ