憧れのハープ

ロマンティックな楽器の代表はというと、ハープやフルート。こんな楽器があると演奏がぐっと映えます。小さな手回しオルゴールとともに歌う、という舞台もありました。

しばらくしまってあったヘルマンハープを、久し振りに弾きました。この楽器は楽譜や運指がとても簡単。ダウン症の子どもさん用に制作されたバリアフリーの楽器なのです。

音色は繊細、はかなげな音の響きが美しい。「トロイメライ」などは演奏にぴったりです。そうそう「さくらさくら」の和風曲は、お琴を思わせます。立派なグランドハープは憧れだけど、小さなこのハープも結構すぐれもの。

コンサートで、専門の声楽以外に楽器のサプライズ。ヘルマンハープで合奏というのもいいなあ。弾き語りで、お客様の心を癒しと安らぎで満たせたら…♪ これが目下の夢ですが、これならすぐ、ささやかな願いに手が届きそう。

♪~・~♪~・~♪~・ ミニ レッスン ・~♪~・~♪~・~♪

ボイストレーニングでは、身体は楽器と伝えます。ハープ・チェロ・ピアノ、どんな楽器も音の共鳴箱。人体も同じです。喉と身体が曲を奏でます。

良い姿勢ですか? 微笑んでいますか? 
良い姿勢は気道がまっすぐ。腹式呼吸が上手にできます。
ほほえみの表情は、表情筋と骨格が上がり、声がよく共鳴します。

暮らしの中で心がける発声のコツは、シンプル イズ ベスト!
『 良い姿勢 & 微笑み 』です。生きた人間の体はどんな高価な楽器よりも一番上等。自分の身体という楽器を磨きましょう。ハッピー・ボイスで、幸せ・癒し・安らぎを周囲に届けて下さいネ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Diva

Author:Diva
中野陽子

声楽家 ソプラノ歌手
山田耕筰の孫弟子
声楽の健康科学 研究者


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・109才まで現役指導者
 故 嘉納愛子氏に師事


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院[4年制音大]
にて研鑽を積む


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


ハルカスを拠点として、マスメディア・デパート・大学関連講座の講師をつとめています


●読売新聞大阪本社・讀賣TVを運営母体とする文化センター講師


●ハルカス近鉄本店 文化サロン他 講師


●大阪健康福祉短期大学
健福ハルカス大学 講師


声楽を軸に、歌う日々やサンフランシスコ暮らしの懐古をエッセイ風に綴ります。

リンク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ