リケジョになります♪

冬季オリンピックも終盤に近づき、
今夜はフィギュアのエキシビジョンで眠れそうにない。そんな中、
大学・高校の入試は山場を迎え、受験生の正念場だ。


かくいう私も今月はじめに入試本番にのぞんだ一人だ。
センター試験のTVニュースでよくある、
大講義室に並ぶ机の端っこと端っこに座る
神妙な顔つきの受験生だった。(この年齢でね!)


下の写真は、大学院への道に誘って下さった
ピアノの三上先生から お守りにとメールで送られてきた合格金魚。
これで私も合格したから、受験生を抱える方々は、
縁起の良いこの写真をとくとご覧頂きたい。


goukakusakana[1]


リケジョの功あってか、入試出願は理系が大幅アップらしい 。
かつて我が家も、センター入試や翌日の新聞の回答発表、
国公立・私大入試に 2次募集と、大車輪で回っていた日があった。
息子たちは理系に進んだが、
あの頃は、社会状況が今と大きく異なっていた。


大卒の就職氷河期、東京の一極集中、
文系や金融の勝ち組が大手を振って幅をきかせていた時代だ。
理系、特に博士課程にいる研究者など、
3K(キツイ・キタナイ・キケン)負け組といっても過言でなかった。
ウチの息子達も例外ではなく、親として彼らの将来に心を痛めた。


世の中は変わる。時代も変遷する。
今やリケジョの時代だ。僭越ながら、
我が息子達も科学の道を歩み研究で身を立てることができた。
けれど また 違うウェーブは必ずやってくる。


要は、若い方達には、理系・文系にかかわらず、
自分の志す道を見極めて歩んで頂きたいということだ。
トレンディで 就職に有利ともてはやされる理系だが、
これら現代の傾向だけで将来を選択しては、かえって道を誤る。


… ところで私は、春から 
大阪教育大学の大学院健康科学専攻の人間科学コースで
理系の仲間入りをする。
出願時の研究計画書は「声楽の健康効果に関する一考察」だ。
おじけづく心を振り払って すくむ足どりで、
異分野の研究室訪問もさせて頂いた。
今後は精神科医でもある教授の指導をあおぐ予定だ。


家族は全員 理系の中にあって、ただひとり、
芸術というワケワカラン別世界で生きてきた。
人間を科学するという分野に身を置くことになって
はるかに前行く 科学者であった夫や 息子の背中が見えた気がする。


昔、京大の工学部の院に通う次男が言った。
「この本、エレガントな宇宙っていうんや 」
ふうん、物理だけれどエレガントなのかぁ…
サイエンスは永遠の憧れだった。
宇宙を解明すると、ひとつの秩序にゆき着くのかもしれない。
声楽も科学も向かう所はもしかしたら同じかもしれないと思う。
自分の中で歌うことと科学が融合する、
天には天の時があるとつくづく思う。


F1000044.jpg ( 講談の旭堂南陵さんたちと )

という具合に、ええ年したおばちゃんが、お姫さまドレス着てオペラアリアを歌いつつ「リケジョ」であっても、神サマ 許してくれるに違いない… ほぼ20年、発声健康法(ボイストレーニング)に通って下さった、サロンの皆様方の集大成だとも言えるのですもの!


【 追記:小保方さんのSTAP細胞については検証が必要なようです。現段階では、いったん記載を削除し、経過を見守ります。】

 
プロフィール

Diva

Author:Diva
声楽家 ソプラノ歌手
声楽の健康科学 研究者


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・山田耕筰の孫弟子
・声楽の恩師は
 109才まで現役指導を
 貫いた(故)嘉納愛子氏


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院(4年制音大)
にて研鑽を積む


ハルカス・サロン講師


大阪健康福祉短期大学
アバンスペース
健福興隆ハルカス大学
講座 講師


♪******♪******♪


声楽とは
歌声を楽しむこと

花束の香りを
かぐように息を吸い
花びらの音符を
ちりばめて
歌いましょう♪

クラシック歌唱は
心身を健やかに導く…
そんな研究を
アカデミックに
発信しています

かつて暮らした街
サンフランシスコの
思い出とともに、
歌が紡ぐ日々の暮らしを
エッセイ風に綴ります

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ