平均律と純正律

チェロの先生のお話を、大学院の科目履修で聞くようになってから、和音のとらえ方が変わりました。今までは、音程に寸分の狂いもないことが正しい発声だととらえていましたが、音楽には、それだけに収まりきらない広さと深さがありました。


純正律と平均律…声楽家は曲のほとんどをピアノ伴奏で歌うので、平均律が身についています。しかし、必ずしもこの正しい音程が美しい響きとは限らないと知りました。青天の霹靂です。


グリー(男声合唱)の団員さんとお話をしたら、美しい和音の響きで音を重ねてゆくと、上の方の音は、平均律とは違う音になるとおっしゃっていました。均等に割った音階ではないのだそうです。ハーモニーについて、自然界と調和する心地よい響きをよくご存じで、さすがだなあと感心しました。


ヴィオリンやチェロといった楽器の習合であるオーケストラ…それと合わせる発声のヒントが、見つけられたような気がします。オペラだけ歌っていても、声楽だけ歌っていても、世界はまだまだ狭かった。音楽には、自分の知らない部分が無限にありそうだと実感。


チェロの先生の言葉です。『逆も また 真なり』 
音楽への謙虚な姿勢…忘れてはならない言葉です。


IMGP0343[1]


ところで、12月14日から枯れない薔薇ですが、さすがに本数が減りグリーンを足しました。このグリーンは頂いた枝を挿し木したもの。で その頂いた枝はまた、お嬢ちゃんがピアノ発表会で贈られた花束の一本を挿し木して育てたんですって!!けっこう経済的でしょう。丈夫に根付く植物なんですね。可愛い実のつくヒペリカムです。


                      

真冬のフェスティバル・。・。 
男声&女声の織りなすハーモニーはいかが。
凍てつく空間にハートウォーミングな音楽がながれます。
歌声で心をあっためませんか? 
会場は音響の良い郷の音ホールです  ☆☆☆

IMGP0315.jpg ( ← クリックするとチラシがご覧いただけます)

                      


プロフィール

Diva

Author:Diva
声楽家 ソプラノ歌手
声楽の健康科学 研究者


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・山田耕筰の孫弟子
・声楽の恩師は
 109才まで現役指導を
 貫いた(故)嘉納愛子氏


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院(4年制音大)
にて研鑽を積む


ハルカス・サロン講師


大阪健康福祉短期大学
アバンスペース
健福興隆ハルカス大学
講座 講師


♪******♪******♪


声楽とは
歌声を楽しむこと

花束の香りを
かぐように息を吸い
花びらの音符を
ちりばめて
歌いましょう♪

クラシック歌唱は
心身を健やかに導く…
そんな研究を
アカデミックに
発信しています

かつて暮らした街
サンフランシスコの
思い出とともに、
歌が紡ぐ日々の暮らしを
エッセイ風に綴ります

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ