まだまだ続く新年会

歌声もハートもアツイ
ボイストレーナーをさせて頂く母校OB・OGの混声合唱団で
年明け初練習と新年会がありました。

陽サウンド まだまだ若いモンには負けやしません。
人生の円熟味増した おじさん おばさんたちにも
カワユイ現役時代があったのだ (^_-)☆ と、
ちょっぴり郷愁(哀愁?)を胸にハーモニーしています。

折しも、1・17は阪神淡路大震災から数えて19年目…
この現役生たちの歌声は、東日本大震災後、日本を勇気づけました。

母校先達に与謝野晶子を擁する我が団は、
『君死にたまふことなかれ』(作詞:与謝野晶子/作曲:石若雅弥)を
真冬の「混声合唱フェスティバル」で演奏いたします。

「生きよ!」「死ぬな!」ズシンとテーマが胸を貫く、
永遠の0も、只今、上映中。
分厚い文庫本は以前に、息子の強い勧めで読みました。

平和の時代に声そろえ、
君死にたもうことなかれと 歌いあげるのはたやすいこと。
リアルタイムで戦争の時代にあったなら、
戦さ礼賛 潔く死ぬことを美徳 とせずにおられたか…
あの時代、晶子 一人が 声を上げたそのスピリットを胸に、
心して演奏にのぞみます。

骨太の曲は、殿方のテノール・バスを重視したい、
説得力のある声を客席へ届けたい、
ボイストレーナーとして理想の声づくりに試行錯誤です。

…と まあ そんなこんなの充実の練習でしたが 
終了後、心は新年会へGOサイン!
遊ぶの大好き!! 振れ幅大きいのも我が団の特徴かと…

*・・・∮・・・*・・・*・・・∮・・・*・・・*・・・∮・・・*

スパークリングワインでカンパーイ♪ 
きゃあ~♪ 美味しそう~~ この他にパスタもあったのよぉ~♪

F1000001_20140116185107f1f.jpg ~~ F1000002_201401162132368b3.jpg ~~ F1000005_20140116213733cde.jpg

オリーブオイルとガリガリ挽いたペッパーで食べるパンもステキ♪
デザートのいちごは、早くもヴァレンタインのハート型♪

F1000003_20140116213243222.jpg ~~ F1000004_201401162132397a2.jpg ~
     

Mangiareマンジャーレ・Cantareカンターレ・Amoreアモーレ

食べて歌って音楽を愛して
陽気に人生楽しんで、校歌を高らかにコーラスして〆ました。
校歌といえども混声四重唱、重厚な響きには定評がある。
各テーブルでお食事中のお客さん方から、拍手が湧きました。
しゃれた懐深いお客さま、広い心で合唱をご享受下さり感謝です!

それでも歌い足りず、カラオケへとなだれ込むメンバー …
エンドレスで歌っても歌ってもさらに盛り上がり、
何が何やらわからないまま混沌と、
歌声に満ちた夜は更けてゆくのでありました。


プロフィール

Diva

Author:Diva
声楽家 ソプラノ歌手
健康科学(歌唱)研究者


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・山田耕筰の孫弟子
・声楽の恩師は
 109才まで現役指導を
 貫いた(故)嘉納愛子氏


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院(4年制音大)
にて研鑽を積む


ハルカス・サロン講師


大阪健康福祉短期大学
アバンスペース
健福興隆ハルカス大学
講座 講師


♪******♪******♪


声楽とは
歌声を楽しむこと

花束の香りを
かぐように息を吸い
花びらの音符を
ちりばめて
歌いましょう♪

クラシック歌唱は
心身を健やかに導く…
そんな研究を
アカデミックに
発信しています

かつて暮らした街
サンフランシスコの
思い出とともに、
歌が紡ぐ日々の暮らしを
エッセイ風に綴ります

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ