アヴェマリア

あの3月11日から1年がたとうとしています。音楽のメロディーが心を慰めてくれることが多々ありました。祈りの曲「アヴェマリア」はシューベルトやグノーそしてオペラ間奏曲…多くの作曲者により、色々なメロディーが紡がれています。

シューベルトの曲は、ハープ等の伴奏に歌声をのせます。3つと2つのリズムがあわさって「 f 分の1の ゆらぎの音 」となり心地よい癒しのメロディーが生まれます。

グノーは、心安らぐ祈りの曲。歌い手自身、静かに平安に祈る心で、演奏したいと思います。

マスカーニの「カヴァレリア・ルスティカーナ」は、さすがオペラ! 歌物語はドロドロの四角関係で、ドラマティックなストーリー!! 愛憎劇とはウラハラに、間奏曲は穏やかで美しい旋律です。

かように、作風により、様々な世界を醸し出すアヴェマリア。演奏者として、山田耕筰先生のおっしゃった「音楽は宗教なり」という言葉を心します。無心に歌そのものになり宇宙へ大地へ…。歌声と曲想が、大空へ広がりをもつように。

日本中にあまねく降り注いだ試練。3月11日を境にガラリと世界は音を立てて変わりましたが、一日一日できることをしつつ、より良き方向へ、音楽を紡いでゆきたいと願います。一音一音、祈りの心でのレッスン。今夏のチャペルコンサートに備え、最初の一歩をこの3月に踏み出します。

♪~・~♪~・~♪~・ ミニ レッスン ・~♪~・~♪~・~♪

阪神大震災のガレキに埋もれ、救出を待って歌われた「赤とんぼ」
大洪水の中、バスの屋根で歌った真夜中の「上を向いて歩こう」
東日本大震災の暗闇に、子ども達の歌声が響いた「校歌」

たくさんのニュースがありました。どんな時も歌声が、自分と周囲を救います。災害時の「おむすび一個」には及ばないけれど、歌はそのただ中にあって生命の灯をともし続けると信じます。さあ、おなかの底から声を出して歌いましょう♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Diva

Author:Diva
中野陽子

声楽家 ソプラノ歌手
声楽の健康科学 研究者


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・山田耕筰の孫弟子
・声楽の恩師は
 109才まで現役指導を
 貫いた(故)嘉納愛子氏


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院(4年制音大)
にて研鑽を積む


ハルカス・サロン講師


大阪健康福祉短期大学
アバンスペース
健福興隆ハルカス大学
講座 講師

リンク
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ