わが家のクリスマス飾り

毎年、クリスマスが近づくと出してくるオーナメント(飾り)がある。これは飾り棚に置いた人形。馬小屋の飼いば桶に眠る生まれたばかりのイエス様や、それを取り巻くマリアとヨゼフと三人の博士たちだ。


IMGP0293.jpg (←クリックしてね)


クリスマスのバケーションで、カリフォルニアを南下し、ディズニーランドへ行ったついでに、メキシコまで車を運転していった。国境を超えると、子どもが物売りをしていたり店がひしめき合っていたり、ガラリと国の様子が変わる。貧しい街角で買い求めた人形一式。


IMGP0294.jpg (←クリックしてね)


カリフォルニアでは松ぼっくりも巨大だ。プレスクール(小学校準備)では、大きな松笠にペイントし金粉をまぶし、息子たちはクリスマス飾りを作った。公園にはシュガーパインコーンやメタセコイヤの実がゴロゴロころがり、リスがチョロチョロ走り回っていた。その大きさは鉛筆と比べるとおわかり頂けると思う。ちなみに、この色鉛筆は「MERRY CHRISTMAS」の文字入りで、夫の学会に同伴した冬の近づくニューヨークの五番街で買った。


粘土で作った小さなツリーやお星様も 毎年 飾る。プレスクール時代の息子の作品だが、アメリカの粘土は、子どもが口に入れても大丈夫なように、材料が小麦粉だ。この小麦粉粘土を「プレイ・ドゥー」という。


これらの工作が「生のモミの木」を飾った。ツリーといえば、山から切り出した樅の木を、一路 ハイウェイで 車を飛ばして買いに行ったものだ。帰国の際、オーナメントを全て持ち帰った。税関の 検疫を ぐりぬけ、今もクリスマス飾りとして活躍してくれている。幼かった息子達は社会人となって久しいが、オーナメントは、いまだにママにとっての宝物なのだ 


キンダーガーデンでは音楽のお手伝いもしたので、赤鼻のトナカイ ( Rudolph The Red Nosed Reindeer ) の可愛い歌声が耳に残る。クリスマスひとつからも、異文化を強く感じた。暮らした外国のあの空気は、今も身のまわりに漂う。国の外からの視点を持って見ると、よりくっきりと見えてくる日本がある。


さて、クリスマス…。アメリカのスゥィートホームの香りする英語の絵本とサンタさんのお菓子で過ごそう。カードに綴られたあったかい言葉も嬉しい


IMGP0295.jpg (←クリックしてね)


オペラ座の怪人さんから贈られた 薔薇の花も だんだん開いてきた。寒い冬だからお花も長持ちして まだまだ楽しめそう。あと一週間でお正月。もしかしたら満開の薔薇で正月迎えができるかも知れない。冬至も過ぎこれからは陽が長くなってゆくいっぽうだ。新春に向かう季節、お年玉の準備ももう済ませた。


IMGP0298.jpg (←クリックしてね)


プロフィール

Diva

Author:Diva
中野陽子

声楽家 ソプラノ歌手
山田耕筰の孫弟子
声楽の健康科学 研究者


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・109才まで現役指導者
 故 嘉納愛子氏に師事


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院[4年制音大]
にて研鑽を積む


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


ハルカスを拠点として、マスメディア・デパート・大学関連講座の講師をつとめています


●読売新聞大阪本社・讀賣TVを運営母体とする文化センター講師


●ハルカス近鉄本店 文化サロン他 講師


●大阪健康福祉短期大学
健福ハルカス大学 講師


声楽を軸に、歌う日々やサンフランシスコ暮らしの懐古をエッセイ風に綴ります。

リンク
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ