師走の歌とスイーツと…♪

きれいに紅葉した葉っぱも散って、冬の音楽会シーズンの到来です。
いくつかのコンサートと講座の年内〆を、同時進行で進めています。

F1000011.jpg(冬本番 仁徳陵古墳前公園の落葉)

ありがたいことに、オファーあってこその歌声披露です。ていねいで繊細な気配りと大胆でワイルドな精神をもって、忙しい師走のひとつひとつの舞台を、愛情こめてこなしてます。カゼなんてひいてるまがありません。細心の注意をはらってカゼはシャットアウトです


先日は【与謝野晶子生誕芸術祭】のオープニングをつとめさせて頂きました。サロン風の会場だったので、立ち位置のすぐ前に市長さんが座っておられ、なんだか「御前演奏」の感もあり…。けれど、演奏となると、お偉方もじっくり耳を傾けて下さるんですね。『海恋し』『ミュンヘンの宿』等を客席の皆さんへお届け致しました。会の模様をみかんぴあの先生がリポートして下さっています → ☆☆☆


会食は、晶子さんの生誕を祝って、こんなバースデーケーキが登場。ホワイトチョコの板に歌集「みだれ髪」の表紙絵が描かれています。ベリーのフルーツがいっぱい。スポンジの中にもフルーツいっぱい。

F1000003_2013120817401522c.jpg (←クリックしてね。アールヌーボーのハートに矢の絵)

生クリームとスポンジが層をなす、段重ねの大きなフルーツケーキも切り分けられました。「志ようちゃん おたんじょうび おめでとう」とチョコプレートの文字。ホワイトチョコはペパーミント味でした。薔薇の花も食べられるというのでちょっとかじってお味見。たっぷりのご馳走と、気持ちの良い方たちとの会話 … こんな会での演奏なら何回伺ってもいいくらい。

F1000004_20131208174054089.jpg (←クリックしてね。志ようとは、晶子さんの幼名)

晶子さんの生家は和菓子の老舗 駿河屋さん。この会場周辺が生家跡です。堺は、利休の茶の湯と共に和菓子が発展したした所。知ってか知らずか、お越し下さったお客さまが和菓子を届けて下さいました。

F1000007_2013120817412569f.jpg (←クリックしてね。和風スイーツ)

ところで演奏中に予期せぬハプニングがありました。歌ってる最中、ドレスのホックがはじけて プッチン それでも涼しい顔で歌い続けてたのはナイショです! 長いこと演奏続けていれば いろんなことがありますわ。どんなアクシデントにも対応可能になった図太さがちょっと悲しいかも~


あといくつか、リッツカールトンその他の演奏や、サロンの年内〆を控えます。毎年のことながら、シーズン中のこの期間、ひとつひとつをたいせつにクリアしていきたいと思います これらが済んだら、いよいよ家庭では迎春準備です。


プロフィール

Diva

Author:Diva
声楽家 ソプラノ歌手
健康科学(歌唱)研究者


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・山田耕筰の孫弟子
・声楽の恩師は
 109才まで現役指導を
 貫いた(故)嘉納愛子氏


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院(4年制音大)
にて研鑽を積む


ハルカス・サロン講師


大阪健康福祉短期大学
アバンスペース
健福興隆ハルカス大学
講座 講師


♪******♪******♪


声楽とは
歌声を楽しむこと

花束の香りを
かぐように息を吸い
花びらの音符を
ちりばめて
歌いましょう♪

クラシック歌唱は
心身を健やかに導く…
そんな研究を
アカデミックに
発信しています

かつて暮らした街
サンフランシスコの
思い出とともに、
歌が紡ぐ日々の暮らしを
エッセイ風に綴ります

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ