アフタヌン・ティ

小さなホテルのスイートルームの
英国式ティーパーティに お招きして頂きました。


感謝祭のテーブルセッティングに
トレイが3段のティースタンド。
焼き菓子のクッキーやスコーンが美味しそう。
一口サイズのサンドウィッチもありました。


最初の紅茶はなみなみ、カップにたっぷり。
イギリスでは、濃いくらいに淹れるんですって。
先ずはストレートで味わって…
次に、ミルクを注いで お味の変化を楽しみました。
家で淹れる時はティーバッグだけど、
しゃれてFAUCHONWEDGWOODの紅茶の時は
ていねいに淹れてみよう。
(たまにですよ)


昔は紅茶は砂糖とともに貴重で
貴族だけがたしなめる飲み物だったそう。
かつての王侯貴族のスタイルが簡単に手に入る世の中ですが、
東インド会社の話も交えたレクチャーを聞くと、
とても優雅な気持ちになりました。
う~ん 貴族的ぃ~
やっぱり、日常を離れた優雅な世界って必要だなあ。


音楽もいっしょ…
せっかく普段の暮らしを離れてきて下さる皆さん方に
ステキな別世界を提供できていたかと、ちょっと反省。


スィートルームのBGMに
おさえた音量で流れていたのは、やっぱりオペラ。
モーツァルトの魔笛の『夜の女王のアリア』でした。
高級感を演出するには、
やっぱりオペラは定番なんだって改めて思いましたけど、
「ま、ええけどね…ツカれるわ」とも思った。これは職業病ですな。


(こちらは美しいマリア・カラスのアリア集  ♪♪♪


2杯目にいただいたのはフレーバーティ。
甘い はちみつ や ばにら もほのかに香っていました。
ちなみに、香りは英語で「ノオト」
「ノオト」は音符という意味でもあります。
私達 音楽家が、音の重なりをイメージするように、
調香師さんは、和音のように重ねた香りを
イメージできるんですってね


季節の栗のケーキは
気取ってナイフとフォークでいただきましたよ。
いつもと違う晴れの空間、
美味しくて おすましした ひとときは、
舞台や歌のレッスンで皆さまを別世界へお連れするための
良いお手本となりました。

201211251302.jpg 

お腹と心が満たされた帰り道、秋晴れの公園に紅葉が映えて… 

                 



プロフィール

Diva

Author:Diva
中野陽子

声楽家 ソプラノ歌手
山田耕筰の孫弟子
声楽の健康科学 研究者


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・109才まで現役指導者
 故 嘉納愛子氏に師事


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院[4年制音大]
にて研鑽を積む


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


ハルカスを拠点として、マスメディア・デパート・大学関連講座の講師をつとめています


●読売新聞大阪本社・讀賣TVを運営母体とする文化センター講師


●ハルカス近鉄本店 文化サロン他 講師


●大阪健康福祉短期大学
健福ハルカス大学 講師


声楽を軸に、歌う日々やサンフランシスコ暮らしの懐古をエッセイ風に綴ります。

リンク
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ