学生時代・。・。♪

10月から憧れの大阪教育大学大学院で学びます。
科目履修生の身分証明証やパスワードを頂いてきました。

教育学研究科(修士課程)実践学校教育専攻の教授、
チェロ奏者でもある大木先生
教科内容開発研究演習(音楽Ⅱ)の講座に通います。
人間の体と同じような楽器を扱う奏者は、
発声や音楽教育全般についても研究しておいでです。

チェロといえば、大木先生には、
宮沢賢治の「セロ弾きのゴーシュ」についての
著作物がおありのようで、とても興味深いです。

この物語にトロイメライが出てきます。
チェロで聴くこの旋律に心が癒されます( → ♪♪♪)
夜の灯りの下でフジコ・ヘミングがピアノを奏でる映像は
童話のワンシーンのようです( → ♪♪♪)

心と体を癒す音楽は、健康発声ともつながり、
声楽のさらに新境地も開けそうで、
講座で研究すること沢山ありそうです。
 
大学院への的確なアドヴァイスを下さったのは、
健康科学専攻・生涯教育学コースで研究されている院生で、
ピアノの先生のみかんぴあのさん。
こちらからお誘いした近鉄サロンも、開講へ向け発進されました。
足の引っ張り合いならぬ『 手の引っ張り上げ合い 』のスパイラルに
入ったら、物事がどんどん良い方へ上昇します。ありがとう~

さて、秋から始まる院のゼミ、
社会人は学生時代とは比べ物にならない程、学びのニーズが強い。

音大生の頃、別の音大に通う親友とよく、
授業をエスケープして京都へ遊びに行きました。
紅葉の季節だし遊びの誘惑が…そうだ京都行こう
けれど、こんなことして遊んでる場合じゃなかったわ。
昔サボった勉強、院で学んで100倍返しだっ!

゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚

学生時代 (←声楽家の華やかなコーラスです。クリックしてね)

つたのからまるチャペルで 祈りを捧げた日
夢多かりしあの頃の 想い出をたどれば
なつしい友の顔が 一人一人浮かぶ
重いカバンをかかえて かよったあの道
秋の日の図書館の ノートとインクのにおい
枯葉の散る窓辺 学生時代

゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚


プロフィール

Diva

Author:Diva
中野陽子

声楽家 ソプラノ歌手
声楽の健康科学 研究者


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・山田耕筰の孫弟子
・声楽の恩師は
 109才まで現役指導を
 貫いた(故)嘉納愛子氏


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院(4年制音大)
にて研鑽を積む


ハルカス・サロン講師


大阪健康福祉短期大学
アバンスペース
健福興隆ハルカス大学
講座 講師

リンク
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ