古墳ガール

只今、若い女性たちの間に、古墳ブームが広がってるんですってね。
秋のハイキングやウォーキングにぴったりです!

NHKの  古墳ガールがゆく 楽しそうだなあ。

世界一の広さを誇る仁徳天皇陵古墳は、
緑におおわれて、周辺の環境もとても良いです。

ようやく涼しくなって、演奏会もホッと一休みの季節、
お弁当持ってお気に入りの本もお伴に連れて、ピクニックです。
青い空の下で食べるランチは美味し~い。

上町台地に続く台地にあり、その南端とも言われる この場所は、
北の方向に進路をとると仁徳さんが治世を行った高津宮。
大阪から堺へと広がりをもって伸びたてきた地形です。

良き治世で知られる仁徳さんの事業はというと、
日本最初の大規模な土木事業だったとされる
茨田堤の築造や堀江の開削。

このあたりは古代「百舌鳥耳原」と言いました。
今、市長選挙の候補でまっぷたつに割れる堺ですが、
堺・堺と連呼される堺の街は、
古代には大阪から広がり区切りなんてなかったんだなあ。

ついでに「自由と自治の堺」についても調べてみました。
『堺の繁栄は、応仁・文明の乱の影響を受けて、堺港へ遣明船が入港した1469年から大坂夏の陣にて堺のまちが壊滅的に戦火焼失する1615年までの約150年の間であった』とあり、その一時期、
黄金のジパングとして輝いたとあります。

外国に住んだので ついつい外からの視点で
日本を見る習慣がついています。
世界の中の堺・日本の中の堺・大阪の中の堺、
ちまちま堺の利権にだけこだわっている場合じゃない…!

広い視野に立ってグランドデザインを描ける人、
堺に成長戦略をもって再び繁栄をもたらしてくれる人、
そしてそれを日本へ世界へつなげられる そんな人物が
市長にのぞましいなあ。

堺の古墳周辺も大阪都構想を論点に、
にわかに騒がしくなっています。
大阪まで見渡せる鳥の目で 深い歴史から得た知恵を持って
時空を超えて市長選挙をじっくり見極めようと思います。

「古墳ガール」ならぬ「古墳マダム」(古墳オバサンじゃないよ)は
この日曜の選挙日まで落ち着かない日々です。



プロフィール

Diva

Author:Diva
中野陽子

声楽家 ソプラノ歌手
山田耕筰の孫弟子
声楽の健康科学 研究者


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・109才まで現役指導者
 故 嘉納愛子氏に師事


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院[4年制音大]
にて研鑽を積む


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


ハルカスを拠点として、マスメディア・デパート・大学関連講座の講師をつとめています


●読売新聞大阪本社・讀賣TVを運営母体とする文化センター講師


●ハルカス近鉄本店 文化サロン他 講師


●大阪健康福祉短期大学
健福ハルカス大学 講師


声楽を軸に、歌う日々やサンフランシスコ暮らしの懐古をエッセイ風に綴ります。

リンク
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ