♪…村の鎮守の神様の…♪

家から仁徳天皇陵古墳の前に広がる公園を抜け
東にウォーキングしてゆくと百舌鳥八幡宮があります。
ここの秋の祭りがすごい! ド迫力なんです!!

百舌鳥八幡の布団太鼓  (←クリックしてね)

おじいちゃんや
普段はサラリーマンのおっちゃん、
ヤンキーの兄ちゃんから シュッとした若者まで
町をあげてひとつにまとまる このパワーは なんなんでしょ!?
神輿の上の坊やも 声張り上げて 力いっぱい太鼓を叩きます。
ホントにカッコいい男たちばかりで、日本人の血が騒ぎます。

軽量化して担ぎ方に合理化を…なんて、
これっぽっちも考えないのが これまた すばらしい。
モンダイは ソコやないやろ ってことなんですよネ。

重ーい重ーい布団太鼓の担ぎ方にはコツがあって、
膝がグニャッとならないよう
足を真っ直ぐにして歩くのだそうです。
どうりでみんな「ヒザの神サマ」みたいでした。
腰 ゆわしてしまいそうですが、
ちっちゃい頃から見て育ってるから慣れたもんなのね

神社の急な階段を昇ってゆく「宮入
境内に安置する「やぐら入れ
よくもまあ、けが人も出さず 階段を降りて行く「宮出

9つの町から続々太鼓が担がれてきて
神社は夜遅くまで賑わいました。
来年は見に来てね~ ホントにすごいんだから~

∮・・・・・・∮・・・・・・∮・・・・・・∮・・・・・・∮

童謡「村祭り」 実りの秋…景気良く歌いましょう♪

村の鎮守の神様の 今日はめでたい御祭日
ドンドンヒャララ ドンヒャララ
ドンドンヒャララ ドンヒャララ
朝から聞こえる笛太鼓

年も豊年満作で 村は総出の大祭
ドンドンヒャララ ドンヒャララ
ドンドンヒャララ ドンヒャララ
夜までにぎわう宮の森

治まる御代に神様の めぐみ仰ぐや村祭
ドンドンヒャララ ドンヒャララ
ドンドンヒャララ ドンヒャララ
聞いても心が勇み立つ
   

∮・・・・・・∮・・・・・・∮・・・・・・∮・・・・・・∮

百舌鳥八幡宮のご祭神は「応神さん」
境内には若宮として「仁徳さん」もお祭りされています。
ご案内はこちら  百舌鳥八幡宮ホームページ



プロフィール

Diva

Author:Diva
声楽家 ソプラノ歌手
健康科学(歌唱)研究者


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・山田耕筰の孫弟子
・声楽の恩師は
 109才まで現役指導を
 貫いた(故)嘉納愛子氏


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院(4年制音大)
にて研鑽を積む


ハルカス・サロン講師


大阪健康福祉短期大学
アバンスペース
健福興隆ハルカス大学
講座 講師


♪******♪******♪


声楽とは
歌声を楽しむこと

花束の香りを
かぐように息を吸い
花びらの音符を
ちりばめて
歌いましょう♪

クラシック歌唱は
心身を健やかに導く…
そんな研究を
アカデミックに
発信しています

かつて暮らした街
サンフランシスコの
思い出とともに、
歌が紡ぐ日々の暮らしを
エッセイ風に綴ります

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ