雪降る日の恩師とペチカ *。*。*。*。

雪の降る夜は 楽しいペチカ ペチカ燃えろよ
お話しましょ むかしむかしの 燃えろよぺチカ

雪の降る夜は 楽しいペチカ ペチカ燃えろよ
おもては寒い 栗や栗やと 呼びますペチカ


ぺチカは暖炉。歌詞の「くりやくりやと…」の意味はなんでしょう? 答えは栗を売りあるく「栗や」。諸説いろいろありますが、昔の満州の情景、ロシア式暖炉や焼き栗売りなどを、作詞者の北原白秋が取り入れたのだそうです。

作曲者は山田耕筰。この歌の正しい意味を、耕筰の指揮と指導で幾度となく歌った我恩師に、直接お聞きしておけばよかったと思います。学生時代は、その貴重な空気に直接触れて学べる宝の山だったなあと、今さらながらに思うのです。

中之島に珍しく雪の舞う日、恩師の出演される演奏会があり、後進によってこのペチカが歌われました。

当日は支えられながらも、しっかりと自分の足で歩みステージへ登場された その おん年105才!!姿勢・お顔・仕草が美しく、その長い々い人生は立ち振る舞いに全て、表れるものだなあと感服です。しゃきっとした姿に、人生を貫く、耕筰歌曲を今に伝える明治の気骨が見てとれました。

雪の日のレクチャー付き演奏会 *。*。*。*。ステージの先生も雪のように真っ白な衣装。暖炉に集うお客様のように、耕筰のメロディーによって、皆の心は暖められました。

♪~・~♪~・~♪~・ ミニ レッスン ・~♪~・~♪~・~♪

山田耕筰のペチカを歌う時は「ペィチカ」と正しく発音しましょう。耕筰先生は特に 「子音」と「鼻濁音」 を大切にされました。日本語を大切に、歌詞を明瞭にクリアに発音して下さい。

『歌はお話、お話は歌』…話すように歌い、歌うように話すこと。
恩師を通し耕筰から伝えられた、これは日本歌曲の教えです。

耕筰歌曲のそのほとんどは、歌詞のイントネーションとメロディーが重なります。美しい日本語を話すという意味において、日常生活にも朗読を学ぶ方々にも、歌曲は最適の教材です。「赤とんぼ」などで、美しい言葉の練習をしてみられては…。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Diva

Author:Diva
中野陽子

声楽家 ソプラノ歌手
山田耕筰の孫弟子
声楽の健康科学 研究者


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・109才まで現役指導者
 故 嘉納愛子氏に師事


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院[4年制音大]
にて研鑽を積む


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


ハルカスを拠点として、マスメディア・デパート・大学関連講座の講師をつとめています


●読売新聞大阪本社・讀賣TVを運営母体とする文化センター講師


●ハルカス近鉄本店 文化サロン他 講師


●大阪健康福祉短期大学
健福ハルカス大学 講師


声楽を軸に、歌う日々やサンフランシスコ暮らしの懐古をエッセイ風に綴ります。

リンク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ