嘉納愛子先生 106歳のレッスン

予定表がびっしり…
私達のことではありません、106歳の恩師のカレンダーです。

いまだ 現役 声楽指導者!
(104歳の美しいお写真があるのでお借りします 嘉納愛子先生)
先生に教えを乞いにやってくる声楽家が、
今もひきをきらないとは本当でした。
音大の教授クラスの方々に慕われておいでです。

もう あっぱれすぎて なにも言うことがありません。
気の張り・記憶・仕草・お耳…
先生はいったい何歳におなりなのでしょう。
106歳のお年そのままに素晴らしい!

楽しく愉快なおしゃべりと、機知にとんだ気配り。
お伺いした私達三人三様の以前の暮らしぶりの記憶も定かに、
それぞれの近況を尋ねて下さいました。
そして、私達が元気で暮らしていることに、
「ああ、良かった!」と心より安堵されました。

どの人も話の輪に引き込んで、
おしゃべりをはずませる話術は天下一品。
機知に富んだウィットに座もなごみます。

現在も声楽界の重鎮たちが意見をあおいでくると、
ユーモアを交えエピソードを語られました。
今は亡き 関西二期会理事長の木川田誠氏を
「男の子」扱いできてしまう方でしたから、
先生の現在の確かな存在感もナットク!です。

*・・・∮・・・*・・・*・・・∮・・・*・・・*・・・∮・・・*

本日の立役者の洋子先輩と ピアニストのMちゃんの 私達3人は、
前々から先生に聴いて頂く声楽曲の準備を進めていました。
そして、久しぶりのレッスンの機会に恵まれました。

106歳の先生に歌を聴いて頂いて、
ガッカリさせてはいけないという気持ちが 正直 強かったです。

かつて 先生から「あなた、この曲を お座敷に出していいわよ」と
お墨付きをもらった山田耕作歌曲の『からたちの花』…
演奏会で歌うに値すると合格を頂いたこの歌唱ですが、
今回、先生が聴かれて何とおっしゃるかしらと。

結果は、オペラアリアも『からたちの花』も、
「教えていいわよ!」と背中を押される形となりました。
山田耕筰の孫弟子としても、先生から太鼓判を頂いたのですから、
こんな嬉しいことはありません。
まだまだ細かい点については、直したいところがあるのよ とも。

私達の演奏が始まると、
凛として ピシっと背筋が伸びた指導者そのものの お姿に。
耕筰歌曲を後進に伝える熱意は、ちっとも衰えてなどおりません。
100をとうに過ぎ、今なお使命感を持ち、
歌の心を後進に伝えようとなさる意思の力を感じました。

私達がこの日 学んだのは「歌の心」と「表現法」
声楽の在り方と耕作歌曲の、まさに、音楽する哲学でした。

*・・・∮・・・*・・・*・・・∮・・・*・・・*・・・∮・・・*

この日を長い間、心待ちにしていた 私達 門下生。
洋子先輩とMちゃんと3人で待ち合わせ、
ハルカス・ダイニング』でランチしたのも楽しいことでした。
そして、先生の当日の体調を気遣いながらもワクワクと、
音大の女子学生の心そのままに、かつての、
通いなれた帝塚山のホームレッスンまでの道のりをたどりました。 

あの頃、レッスンが済むとちょっと一息とよく訪れたお店、
ポアールも懐かしいねえ」と言っていたけれど、
先生宅でいただいたお菓子と果物でお腹はいっぱいで今回はパス。
帰り路にはドルチェのお店ができて、景観も少し変わっています。

再び帝塚山の北畠を走る可愛らしいチンチン電車に乗って
ハルカスのおひざもとへと戻ってきました。
同行お二人がご要望のサロン見学に応え、
アンドの施設を案内しましたが、ここでもまた、
門下の同志3人は時間を忘れて音楽談義を繰り広げました。

Mちゃんの演奏への真摯な姿勢と、
洋子先輩の生き方そのものから、
たくさんの刺激をもらって感謝しています。
共に、この期間、音楽してくれてありがとう

おしゃれ、お買い物、コンサートを楽しむ106歳。
50・60代はまだ芽なんですって! 
70・80代が花ざかり。
90になってお迎えがくれば100まで待てと追い返し、
100になってあの世行きに乗り 途中 乗り換えて、
到着駅はこの世です…と先生はおっしゃっています。
107歳のお誕生日の頃に本の出版予定と聞きました。

ひとつ次元が上昇した一日。
これから歩む遥かな声楽の道。新たなバックボーンが備わりました。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

ご一緒した洋子先輩のブログに、当日の詳しいリポートがあります。ぜひ、あわせてご覧下さいね。アフターフォローも完璧、レッスンの貴重な録音をCDにして届けて下さいました。ありがと~洋子さ~ん
( クリックしてね → ♪☆♪☆♪ )



プロフィール

Diva

Author:Diva
声楽家 ソプラノ歌手
健康科学(歌唱)研究者


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・山田耕筰の孫弟子
・声楽の恩師は
 109才まで現役指導を
 貫いた(故)嘉納愛子氏


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院(4年制音大)
にて研鑽を積む


ハルカス・サロン講師


大阪健康福祉短期大学
アバンスペース
健福興隆ハルカス大学
講座 講師


♪******♪******♪


声楽とは
歌声を楽しむこと

花束の香りを
かぐように息を吸い
花びらの音符を
ちりばめて
歌いましょう♪

クラシック歌唱は
心身を健やかに導く…
そんな研究を
アカデミックに
発信しています

かつて暮らした街
サンフランシスコの
思い出とともに、
歌が紡ぐ日々の暮らしを
エッセイ風に綴ります

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ