音 楽 の 女 神 さ ま

天川村の天河大弁財天社にお参りしてきました。
お祭りする女神は、音楽・芸術を司る弁天さん。
竹生島の宝厳寺・宮島の大願寺と並ぶ三大弁財天のひとつです。

大峰山系と奥吉野にいだかれた秘境だからでしょうか、
しかるべき時しかるべき体制でないと参拝は叶わない、
導かれなければ辿りつけない神社なのだそうです。

IMGP0193.jpg (写真 クリックして大きくして見てね)

電車で下市口へ。そこからバスに乗り換えます。
運転手さんはフレンドリー。道中、
出会う全ての住人に挨拶がわりにクラクションを鳴らします。

車窓に、思いもかけず祖母のお里を発見!
子供の頃に訪れて以来、何十年ぶりだったでしょう。
やっぱり招かれてたんだ…。
吉野入りされた後醍醐天皇が、
藤谷山瀧上寺に滞在されたと伝わるこの一帯は、
南朝ゆかりの地と聞きます。

美の目利き 白洲正子も このかくれ里を愛し、
『丹生川上神社 上社』を文に記しました。  ☆☆☆
『丹生川上神社 下社』の傍をバスは軽快に走ってゆきます。

下市は、古く丹生と呼ばれた村を含んでいます。
丹生とは水銀。あの枕詞 青丹生し[あおによし]…。
一帯に流れる良い「気」は、もしかして、水銀鉱脈の波動?
(マニアックな方は、丹生や水銀のブログを  ☆☆☆)

IMGP0197.jpg

さて、私達二人で貸切状態のバスは天河社前に到着。
運転手さんにお礼をのべて下車しました。
いよいよ参拝です。社殿のご祭神は静かなたたずまい。

「なんかあります?」
「いえ いつもの感じですねぇ」

「この神殿への段は上がれるのでしょうか」
「いえ、神主っさんだけみたいですよ」

うっかり登ってバチあたるとこでした。

「あ!3連の五十鈴(いすゞ)は、この綱まわすんですって!」
「回すのむつかしいわ。○○さん鳴らすの上手ぅ~~♪」 

ガランガランガランガラン 柏手パンッパンッ

東京の方たちには人気のパワースポット、
芸能人がたくさん訪れるのだそうですね。
神社に入るとビリビリくる人もいるんですって、 
ほんとかなー? … そっかなー?? と半信半疑でした。

声楽を専門としていますので、天河社ではいっぺん、
そのスピリチュアルなビリビリってヤツとか、
めくるめく感覚ってヤツを、体験したいものだと
わたくし、かねてより思っておりました。

… けれど、ビリビリは来なかった。
ドレミも 1オクターヴ違えば同じ音。
波動に唸りは生じないものね。
もともと 吉野はおばあちゃんのテリトリーで、
この地に「気」が合って「調律」されてしまうのでしょう、きっと。

心の底から安心する・あたたかく迎えられる・心が静まる
産土(うぶすな)大和の神さんには、これらの感覚を覚えるのみで、
天川・丹生に限らず 大和(やまと)にルーツを持つ限り、
波動は 自身のDNAの記憶なんやわと、ビリビリあきらめます。

IMGP0202.jpg

帰り道は、
ロマンあふれる『天の川』沿いをウォーキングしてバス亭へ。
ワイルドな巨岩とエメラルドの淵が、
万葉歌の世界の「宮滝」に似ているなー♪
スズランが可憐な花をつけていました。

IMGP0200.jpg

帰路も、拍子抜けするほどアッサリ 自宅に到着です。
縁がなければ辿りつけないと聞いていた天川社…
出発時の不安は、取り越し苦労に終わりました。
秘境へ続く長いトンネルの開通が、
スムーズにいった要因のひとつでもあるでしょう。
いっぺんは訪れておきたかった天川社! 得心です!!

そして、後日談。

「奈良ブランドの地域デザイン」という本を手に取ると、
天河社の写真が、パカッと開いたページにバッチリ載ってました。
そしてほぼ同じタイミングで、TVに、
天河社を訪れる堂本剛君(キンキ・キッズ)の映像が流れたんです。
シンクロニシティ  やっぱり不思議やったわ。

そういえば かつて、
竹生島の都久夫須麻神社(つくぶすまじんじゃ)で
弁財天に奉納演奏をさせて頂いた折に日輪が出たのですよ。
太陽の周りの虹の輪に、出演者一同から歓声があがりました。
なんのはずみか ほんまの話です (*^_^*)v キセキミタイ~
神社には不思議なことがついてまわりますね。

奈良ゆかりの堂本剛君の曲は、
近鉄特急発車メロディーに採用されていました。
 縁を結いて(えにをゆいて)
新しい世界へ発車する列車に、飛び乗るかのような時代です。
温故知新というマップがあれば、行き先に迷うことはないでしょう。

人と人、時と時、歌と歌。
声楽で結ばれるご縁をたいせつに、遥かな音楽の道を歩みます。
音楽のミューズの女神さま、弁天さん、
なにとぞ 皆さまのお役にたてますよう
イッパイイッパイ この私めを こき使って下さいませ~♪


プロフィール

Diva

Author:Diva
声楽家 ソプラノ歌手
健康科学(歌唱)研究者


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・山田耕筰の孫弟子
・声楽の恩師は
 109才まで現役指導を
 貫いた(故)嘉納愛子氏


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院(4年制音大)
にて研鑽を積む


ハルカス・サロン講師


大阪健康福祉短期大学
アバンスペース
健福興隆ハルカス大学
講座 講師


♪******♪******♪


声楽とは
歌声を楽しむこと

花束の香りを
かぐように息を吸い
花びらの音符を
ちりばめて
歌いましょう♪

クラシック歌唱は
心身を健やかに導く…
そんな研究を
アカデミックに
発信しています

かつて暮らした街
サンフランシスコの
思い出とともに、
歌が紡ぐ日々の暮らしを
エッセイ風に綴ります

リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ