ボイストレーニング

「気功をやってらっしゃったんですね?」
「え?!いえ、ゼンゼン!!」

ボイストレーナーをしていると、時折こんなやりとりがあります。

気功教室で習うことと、ボイストレーニングが、全く同じように体感されるそうです。私自身は、気功をしたことがありません。発声法と同じとは興味深いことです。ヨガ太極拳と似ているとも感じます。

大地にスックと根っこを張って立つ。息を体内にしっかり取り込む。ゆっくり吐く。正しい発声と通じるものがあるのでしょう。

社交ダンスをされる方も、踊る時とボイストレーニングの時と、身体の構えが同じだとおっしゃいます。ダンスしながら言うことには
「こう胸をグっと高めに支えてね、こんなふうに踏み出すんです」
オペラ歌手が威風堂々ドーン!!と見えるのと同じ論理だなあと思いつつ見ていました。胸郭の保持といい、姿勢といい、全く一緒です。

スキューバダイビングだけは、ブレストレーニングの際の吸う吐くが、正反対だとおっしゃいました。そりゃそうですね、水中で口からガバっと息を吸ったらエライことになりますものね。歌う時 一瞬、息継ぎで迷うのだそうです。それでも肺が強くなるからいいですね。

声楽家はアスリート。そんなふうに評する方もいらっしゃいます。

トレーニングについて、声楽の先輩が言っていました。
「毎日ひとつ課題を決めて、10分でいいから家でジムをするの」
月曜~日曜、日替わりメニューでエキササイズを行うのだそうです。すきま時間に足を上げたり腕を回したり…偉いなあ~。彼女の美しく軽やかな歌声は、日々のこの積み重ねから来るのだなあ。

わたくしはというと、超自己流メニューで「アン・ドウ・トロワ」とバレエのマネっこしています 足腰を鍛えると声の支えがしっかりするのです。ちっちゃかった頃、バレエをとっても習いたかったのだけれどピアノレッスンに専念。だから今、せめて趣味と実益を兼ねて気分だけでも…というところです。

学生時代のクラブでやったフィギュアスケートはたいへんな相乗効果がありましたし、歩くの大好き!ウォーキングは毎日欠かしません。

クラシック発声は喉だけで歌うのではありません。なにせ体力が勝負の歌い手。全身くまなく使っての発声です。体育と底辺では きっと つながっているのですね。

♪~・~♪~・~♪~・ ミニ レッスン ・~♪~・~♪~・~♪

では、発声の参考に、気功の先生にご登場いただきましょう

気功体操

重心はしっかり下。声の意識は広々と大空へ。良い発声は身体の軸が天と地を結ぶイメージです。

もひとつオマケに、バレエの先生にもご登場いただきましょう

バレエ・レッスン

姿勢、肩の力の抜き方、胸の位置など、基本姿勢が参考になります。

最後に… 楽器とは「楽しい器(うつわ)」と書きます。
健やかに整えた貴方という器を、何で満たしますか。
感情・曲想・表現・演奏、
人の心に届く芸術を奏でられますよう、心の筋肉を丈夫にね♪


プロフィール

Diva

Author:Diva
声楽家 ソプラノ歌手
健康科学(歌唱)研究者


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・山田耕筰の孫弟子
・声楽の恩師は
 109才まで現役指導を
 貫いた(故)嘉納愛子氏


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院(4年制音大)
にて研鑽を積む


ハルカス・サロン講師


大阪健康福祉短期大学
アバンスペース
健福興隆ハルカス大学
講座 講師


♪******♪******♪


声楽とは
歌声を楽しむこと

花束の香りを
かぐように息を吸い
花びらの音符を
ちりばめて
歌いましょう♪

クラシック歌唱は
心身を健やかに導く…
そんな研究を
アカデミックに
発信しています

かつて暮らした街
サンフランシスコの
思い出とともに、
歌が紡ぐ日々の暮らしを
エッセイ風に綴ります

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ