サンフランシスコがやってきた!

外国暮らしの時、お世話になったピーター&テレサ。
彼らの娘ジャーレーが、サンフランシスコの風と共にやってきた。

淡路島が揺れた朝、阪神・淡路の18年前が脳裏をよぎる。阪神間のみんなは大丈夫…?! どうやら大事には至らなかったことを報道で知る。地震の余波で、交通ストップ・ダイヤの大幅の乱れが終日続く中、彼女と再会できた。

「ジャ~レ~!!」ハグし合ったら、あったかい思いが伝わった。

ちなみにサンフランシスコは地震が多い。私達も何度か出くわした。ゴールデン・ゲート・パークの中のアカデミー・オブ・サイエンス(自然博物館)には、よく子ども達を連れて行ったが、ここには地震の体感施設があった。帰国後、ベイブリッジの橋げた崩落のニュースを聴き胸を痛めた。ベイエリアに架かるこの橋を車でよく渡ったのだ。

ピーター夫妻はサンフランシスコ暮らしの恩人だ。海外生活を始めた当初から世話をしてくれた。スムーズに生活が送れるよう、郊外型の巨大スーパーマーケットへ同行してくれた。暮らしに慣れるまでは、ウィークエンドに色々な所へ連れ出して、ベイブリッジを渡ってUCバークレーへ案内してくれたこともある。私達家族の帰国までの日々を常に支えてくれていた。

ピーターはUCSFで基礎医学に携わる生化学のドクターだ。当時は世にバイオテクノロジーの概念もなかった。その草分け的な時代の夫の同僚だ。

そして彼は、ピアニストでもあった。天は科学と音楽の二つの才能を授けるものだ。カリフォルニア州立大学のホールの演奏会に招かれたことがある。彼の同僚のジョンの車でウキウキ出かけた。開演の前にピーターは言った。
「非常にナーバスだ」ふうん、そうか。日本語なら
「アガル」ってことね。
にもかかわらず舞台の彼は、とてもステキだった。時折たずねる夫の研究室、そこで見かける研究者の姿とはうってかわって見えた。

余談だけれどコンサート帰りもジョンはキチンと送り届けてくれた。去り際「じゃあオヤスミ」と頬にKissしていったが、彼らにとっては挨拶代わりの習慣も、日本人にはポーっとなる突然の出来事だよね。

ニューヨークの学会に私達母子も同行させて頂いたことがある。
終了後はラボ(研究室)の皆さんの5番街見物にご一緒した。
「ヨーコ、ここでピアノのコンサートをしたことがあるんだ」
ピーターが指差した建物はシックな黒い壁の小さな教会だった。

ベイビーの次男は抱っこだったが、5才だった長男は、大人達と一緒にニューヨークの街を歩き回った。疲れて歩けなくなったらピーター始め屈強な大男のラボの連中が、かわりばんこで抱っこしてくれた。5才ともなると大変な体重だ。彼らの頼もしいサポートに、私達家族はいつも助けられていた。

UCSF(University of California San Francisco)界隈では、それこそ週末毎のパーティがある。土曜・日曜ともなると必ず、仲間の家に招かれる。皆、一皿の料理をたずさえてゆく。ひとつのお皿にひとつの幸福という意味のポットラック形式だ。

カウボーイの豆スープ、アメリカのママの味、そしてホームメイドのケーキ。おかげでアメリカン・レシピをたくさん伝授してもらった。私は「ジャパニーズ・チラシ寿~司~」持参だ。

ある晩、ピーターの家でパーティだという。晩に招待するからには、ディナーだろう。お腹ペコペコ状態で伺った。「ハーイ♪ピーター」にこやかに挨拶したが、様子がヘンだ。あろうことか、客人達は皆でギョーザの皮をこねている。陽気に「 ヘーイ! 」と粉だらけの手を上げ歓待してくれた。

ギョーザを皮から作ってんだ、先は遠い…。見たとたん、私達は空腹でヘナヘナと倒れそうになった。「 おなか すいた 」ズラリ並べたご馳走で歓迎する日本とは勝手が違う。この時からだ、アメリカ人の感覚が、あの広い大陸のスケールなのだと悟ったのは。

アメリカで長男がポスドクの研究生活だった頃、UCSFのピーターのもとを訪ねたことがある。夫妻に里親のように暖かく迎え入れられたと聞く。幼い頃、この研究室で遊ばせてもらった長男は、ピーターのいる界隈をアメリカで一番 ホっとする場と称している。

月日を経て、明け方の地震という特殊な日に再会した、ピーターの娘 ジャーレー。私達夫婦は日本の里親の役割が果たせたかしら。流暢でない相変わらずの英語でごめんね。

ピーターとテレサのもとで育った彼女だ、アクシデントにはめっぽう強いらしく、地震余波の交通ストップを ものともしていなかった。ピーターとテレサは元気にやっていると聞く。彼らのことだ、以前とちっとも変わらず おおらかで優しくスケール大きいに違いない。

以前の来日の際、ジャーレーのグランマが やおら外して お礼にと私にくれたブレスレット。今回それを旅のお守りとして彼女に託したサンフランシスコまで GOOD LUCK!!


プロフィール

Diva

Author:Diva
声楽家 ソプラノ歌手
健康科学(歌唱)研究者


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・山田耕筰の孫弟子
・声楽の恩師は
 109才まで現役指導を
 貫いた(故)嘉納愛子氏


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院(4年制音大)
にて研鑽を積む


ハルカス・サロン講師


大阪健康福祉短期大学
アバンスペース
健福興隆ハルカス大学
講座 講師


♪******♪******♪


声楽とは
歌声を楽しむこと

花束の香りを
かぐように息を吸い
花びらの音符を
ちりばめて
歌いましょう♪

クラシック歌唱は
心身を健やかに導く…
そんな研究を
アカデミックに
発信しています

かつて暮らした街
サンフランシスコの
思い出とともに、
歌が紡ぐ日々の暮らしを
エッセイ風に綴ります

リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ