「生」という文字

2年目の3月11日が巡ってきます。

従姉妹会のお話の続きです。
ランチのコースでおなかも心も満たされて、
駅までブラブラ歩きましょうということになりました。

宝塚歌劇場を向こう岸に臨みながら、川べりを皆でお散歩です。
武庫川の宝塚大橋にさしかかったときです。
A美ちゃんが教えてくれました。

「ここから、生きるという文字が見えるでしょう。
小説・阪急電車で、カップルが誕生するきっかけになるの。」

あ、ホントだ!
中州に石積みの文字で書かれた「」だ…!!

阪神大震災後にオブジェが造られ、
雨で何度か流さる度、再び積み上げらるのだそうです。
今はオシャレでのどかなこの一帯も、
生命の灯をともし日々を紡いでいた時期があったと思うと、
心を打たれました。

そういえば、私以外の従姉妹たちはこの震災を経験しています。
生き抜いて18年目を迎えた彼女達。
しなやかで芯の強い姿に、いつも教えられます。

石積みの「生」にそっと添えられた「絆」という文字は、
阪神間から東日本への心からのメッセージだと思います。
「 生 と 絆 」
震災の経験は癒え、昇華できる日の来ることを、
従姉妹たちの華やいだ笑顔が物語っています。


プロフィール

Diva

Author:Diva
中野陽子

声楽家 ソプラノ歌手
山田耕筰の孫弟子
声楽の健康科学 研究者


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・109才まで現役指導者
 故 嘉納愛子氏に師事


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院[4年制音大]
にて研鑽を積む


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


ハルカスを拠点として、マスメディア・デパート・大学関連講座の講師をつとめています


●読売新聞大阪本社・讀賣TVを運営母体とする文化センター講師


●ハルカス近鉄本店 文化サロン他 講師


●大阪健康福祉短期大学
健福ハルカス大学 講師


声楽を軸に、歌う日々やサンフランシスコ暮らしの懐古をエッセイ風に綴ります。

リンク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ