FC2ブログ

平成最後、年の瀬のごあいさつ

1 著書:シンプル声楽法

…………………………………………………………………………………………


 本年もホームページ「声楽♪虹の木もれ陽」を訪れて頂きありがとうございました。心より感謝申し上げます。また、元受講生の皆さま方が、声楽でつながるツールとしてご覧くださることは、大きな喜びです。


 行く年 来る年…新しくやってくる時代がみなさま方にとって、さらに大きく展開する年となりますよう、お祈りいたしております さて、最後の記事のアップで、我が声楽のルーツを今一度振り返ってみます。温故知新で、新年からの声楽の方向性を求めたいと思います。


 音大の同窓会のHPを見てたら うわっ…すごいお写真を見つけました!! 山田耕筰先生の授業風景(昭和14年)です。


100yamadajugyou3nin01[1]


 
左から、嘉納鉄夫氏、大野開蔵校長、山田先生だそうです。 嘉納鉄夫氏は、我が声楽の恩師嘉納愛子先生の夫君。氏は、裕福な灘の酒蔵の御曹司であり、耕筰の関西での音楽活動を強力にバックアップし、マネージャー的な仕事もつとめていたことはすでに書きました。また、山田耕筰を通した嘉納氏との出会いについては、嘉納愛子先生がよくなれそめを語っておいででした。耕筰に声楽指導を受けたレッスン室で出会ったのだと。


 写真の中の乙女たちは、神妙に耕筰の講義を聴いています。この時代に生まれていれば、私も、耕筰先生にご指導を賜っていたことでしょう。歴史の中の貴重なこの一枚の写真の中に、我が声楽のルーツを垣間見た見た思いがします。


 嘉納愛子先生から受け継ぐ耕筰の直の流れを汲み、倦まず弛まず(うまずたゆまず)これからも、日本歌曲の歌い方や「日本歌曲を歌う時もオペラの歌い方を忘れてはいけないよ」という耕筰の言葉が示唆する方向へと、声楽の道を歩んで行こうと思います。


 新しい年の展開は、声楽のリスタートから…!歌うことで得られる知見を広く音楽と声楽を愛する方々に還元し、歌うことを通した健康づくりを広く社会に伝えてまいります。みなさま、どうぞ良いお年を♪



プロフィール

Diva

Author:Diva
中野陽子

声楽家 ソプラノ歌手
山田耕筰の孫弟子
声楽の健康科学 研究者


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・109才まで現役指導者
 故 嘉納愛子氏に師事


夫のカリフォルニア大学
サンフランシスコ医学校
(UCSF)赴任に伴い
家族ぐるみ渡米
当 英語学校に学ぶ


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院[4年制音大]
にて研鑽を積む


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)



●関西大学 オープンカレッジ 梅田みらいず カルチャーリンク講師
●大阪健康福祉短期大学
ハルカス講座 講師
をつとめた。

現在、
●ハルカス近鉄本店  文化サロン他 講師
●読売新聞大阪本社・ 讀賣TVを運営母体とする文化センター講師


混声合唱団「陽」初代ボイストレーナー。時に、
灘校 保護者コーラス隊 コレぺティ


声楽の日々をエッセイ風に綴ります。

リンク
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ