乙女時代の進化形…!?

 今年も参加しました、母校のホームカミングデー♪ いつものように、パイプオルガンの荘厳なホールがお出迎え。


 なんと、同級生だった声楽のBさんがいらして近況や音大生だった頃の話がはずみました。学生時代の声楽の成績は超優秀、専攻科に残ったBさんです。今は母校の高校音楽科でソルフェージュを教えているとか。母校で教べんをとるなんてやっぱり優秀!今まで卒業したら上は専攻科しかなかったけれど、平成30年に大学院が新設されるそうです→♪♪♪


 学生のカルテットで、弦楽四重奏曲 第2番イ単調 Op13より第1楽章 (F.メンデルスゾーン:)の演奏がありました。


IMG_20170702_101503.jpg 

 私たちの学生時代は、都心のど真ん中、本町学舎でした。緑いっぱいのキャンパスで学びたかったなあ~。別棟の大教室へ移動して講義を受けました。学生時代よく遊んだから、今はそのリベンジ。どこへ行っても一言も聞きもらさず勉学に励みます。


IMG_20170702_101854.jpg

 
 最近、教室の後ろから写真を取るこのパターンが多い。それだけ、勉強してるってことだけど。作曲の先生がブラームスの楽曲の解釈をされました。


 続いて、ジャン!井岡潤子先生が「合唱・声楽」を指導されました。メッチャクチャ パワフルで愉快。合唱「落葉松」(夏に秋の歌ですが)の途中で、以外にも、「もう皆さま、お声は充分バイブレーションされましたから…」という表現を使われました。声が豊かに鳴り出すというくらいの表現でしょうか。合唱にビブラートは厳禁と固く思い込んでたので、目からウロコがポロリ。さすが声楽家です。


image_201707030921128ee.jpg 

 ランチもいただきました。同窓会、太っ腹~!帰り際、泉貴子 准教授に、私の声楽研究の話を聞いて頂きました。一途でまっすぐなまなざしと、傾聴する謙虚なご姿勢に、「実るほどこうべをたれる稲穂かな」が思われて。東京芸大で博士号をとり、学術情報リポジトリには論文がのっています→♪♪♪ それでいてバリバリの二期会のオペラ歌手、ステージで大活躍です!


 普通、歌えるけれど、研究論文は書けない人の方が圧倒的に多い。要するに、声楽家は(自分も含めてですが)頭がパッパラパ~なのです。しかし、これだけ詳細に研究を論文に書き起こし、大きな舞台もこなすソプラノ歌手は初めて見ました。母校に本当に尊敬できる良い先生が来たと思います。


mv_lg[1]

 
プロフィール

Diva

Author:Diva
声楽家 ソプラノ歌手
声楽の健康科学 研究者


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・山田耕筰の孫弟子
・声楽の恩師は
 109才まで現役指導を
 貫いた(故)嘉納愛子氏


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院(4年制音大)
にて研鑽を積む


ハルカス・サロン講師


大阪健康福祉短期大学
アバンスペース
健福興隆ハルカス大学
講座 講師


♪******♪******♪


声楽とは
歌声を楽しむこと

花束の香りを
かぐように息を吸い
花びらの音符を
ちりばめて
歌いましょう♪

クラシック歌唱は
心身を健やかに導く…
そんな研究を
アカデミックに
発信しています

かつて暮らした街
サンフランシスコの
思い出とともに、
歌が紡ぐ日々の暮らしを
エッセイ風に綴ります

リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ