年齢をプラスに!

 長い人生、あることをきっかけにより豊かな生き方を選択して、自らに合った齢の重ね方に路線変更する人がいます。これを「ポジティブエイジング」と言います。「エイジング」は年齢を重ねること、「アンチエイジング」は加齢や老化に抗うこと。さらに、「ポジティブエイジング」という加齢をプラスに転じる生き方があるのです。


 ハルカスのサロンなどでも、歌うことをきっかけに、楽しく無理なくレッスンに取り組むうち心も体もどんどん洗練されてゆく方がいます。


t02200282_0354045413282502019[1]

 

 わたしは、発声・呼吸・歌唱法を通して、長い間、心とからだの健康維持を提唱してきました。レッスンを楽しむ前向きな気持ちが、心身に良い影響を及ぼすという、研究の裏付けも得ています。クラシック歌曲に取り組むことで、多くのサロン生は、身も心も健やかに上質の生き方を心がけるようになりました。人生までもが上昇傾向を示し始めるのです。


 サロンでの私とサロン生の関わりは、音楽療法のセラピストとクライアントの関係とは一線を画します。私は演奏家であり、療法士ではありません。


 例えば、故障した心身のリハビリの代替として、健康づくりを目的に声楽を始める人たちがいます。レッスンを重ね、歌がリハビリの役目を終える頃、彼らの内にクラシック歌唱への意欲が芽生えます。そして必ずと言ってよいほど、これ以降、歌と共に年齢を重ね、ポジティブエイジングそのままの世界を繰り広げてゆくのです


_20161012_214916.jpg 


 クラシックやオペラ その他 日本歌曲など、基本をふまえた歌唱法には、心とからだを「自立」と「自律」に向かわせる作用があると思っています。からだを楽器に整え、音楽を芸術表現するということは、自ら奏でる音楽が心身へ及ぼす好影響も大きいということです。


 年齢に関して、「オプティマル・エイジング」という言葉もあります。その年齢なりの最良の暮らし方や生き方を意味します。健康や美しさ・精神的能力・社会との関わりなど、QOL(Quality Of Life=生活の質)も大きなカギとなります。定義は以下の通りです。


 living at the highest potential that is possible, given each older adults life pattern, physical and mental reserves, functional ability, social context, and environmental influences(オプティマル・エイジングとは、高齢者個人個人の生活パターン、身体的なまた精神的予備力、機能的能力、社会的な関わり、そして環境から受ける影響を考慮し、可能な限り高い質の生活を送ること) 


 残りの人生を思うと、今日は一番若い日!さあ、自身を楽器に整えて、歌声を磨き、今日より明日はちょっぴり成長しましょう♪歌のレッスンが、生涯の人間発達のお手伝いをしてくれます。

プロフィール

Diva

Author:Diva
中野陽子

声楽家 ソプラノ歌手
声楽の健康科学 研究者


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・山田耕筰の孫弟子
・声楽の恩師は
 109才まで現役指導を
 貫いた(故)嘉納愛子氏


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院(4年制音大)
にて研鑽を積む


ハルカス・サロン講師


大阪健康福祉短期大学
アバンスペース
健福興隆ハルカス大学
講座 講師

リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ